×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(25)2人殺害後も「マンガ」は買い続けた

検察官は鈴香被告に、マンガの発売日が記された手帳を見せた。

検察官「4月11日以降にも(マンガを)買っている?」

鈴香被告「買った」

検察官「5月16日以降も?」

鈴香被告「買った」

検察官「5月26日の○○○○(マンガの実名)の注文は?」

鈴香被告「した」

検察官「4月11日以降、他は買っている?」

鈴香被告「2つは記憶にない」

検察官「(彩香ちゃんが)死んでショックでも買った?」

鈴香被告「買ってきたが、ショックで読めないこともあった」

検察官「買う余裕はあったということですね」

鈴香被告「そういう言われ方は…」

検察官「豪憲君の死後も注文しているね」

鈴香被告「…」

検察官「4月10日午後、あなたや警察に連絡が来る前、あなたのお母さんが半狂乱になった。何と叫んでいたか覚えている?」

鈴香被告「覚えている」

検察官「何と?」

鈴香被告「『彩香が川でいた。おなかすかせているからおにぎり作ってやらねば。風呂たかねば』と」

検察官「『何で川で見つかる。そんなことねーべ』と言っていたのは覚えている?」

鈴香被告「そこまで冷静じゃない」

検察官「お母さんを見てどう思った?」

鈴香被告「自分が冷静でいないと、と」

検察官「4月10日の遺体確認後、実家に戻っている」

鈴香被告「はい」

検察官「(親戚数人の名前を挙げ)いたのは覚えている?」

鈴香被告「どうやって帰ったか覚えていないくらいなので、誰がいたかは覚えていない」

検察官「どんな話をしたかも覚えていない?」

鈴香被告「はい」

検察官「そこで(彩香ちゃんの死が)不自然という話には?」

鈴香被告「なったと思う」

検察官「お母さんは興奮していた?」

鈴香被告「はい」

検察官「お母さんも言っていた?」

鈴香被告「はい」

検察官「親戚が不自然と言ったことで、事故に見せかけていたのを(事件と)同調せざるを得なくなった?」

鈴香被告「違う」

検察官「(友人の)○○さん(実名)とメールしているが、正直な気持ちでしている」

鈴香被告「はい」

検察官「まだ豪憲君の殺害前だが、彩香ちゃんの件で、自分が犯人といううわさを聞いたことは?」

鈴香被告「はい」

検察官「誰から?」

鈴香被告「2人から」

検察官「いつごろ?」

鈴香被告「ちょっと覚えてない」

検察官「4月中には?」

鈴香被告「はい」

検察官「2人の名前は言える?」

鈴香被告「言いたくない」

検察官「疑われているので、犯人が別にいるという主張をした?」

鈴香被告「違います」

検察官「警察に、『疑わしい』という通報をしたことがありますね」

鈴香被告「『家と家の横に、子供をじっと見ている不審な車がいる』と」

検察官「あなたが見た?」

鈴香被告「私が見た」

検察官「警察は捜査した?」

鈴香被告「しない」

検察官「したけど…」

鈴香被告「私にこうだった、というのはなかった」

検察官「知り合いの名前を言ったことは?」

鈴香被告「名前は言いたくない」

検察官「でも警察には言ったね」

鈴香被告「はい」

検察官「逮捕後、豪憲君殺害の罪を着せようとした人?」

鈴香被告「はい」

検察官「ストーキングされたことは?」

鈴香被告「はい」

検察官「警察には話した?」

鈴香被告「はい」

検察官「警察は事件、事故の両面から捜査しているとはずっと言っていなかった? 執拗に抗議したのはなぜ?」

鈴香被告「町の人に『あれから聞きに来てない』と聞いたから動いてない、と」

検察官「隠密裡に(捜査する)とは思わなかった?」

鈴香被告「いいえ」

検察官「犯人じゃないとアピールした?」

鈴香被告「違う」

検察官「『彩香ちゃんを調べてくれない』とマスコミや地域に怒りを感じたことは?」

鈴香被告「ありません」

検察官「捜査段階では?」

鈴香被告「○○刑事(実名)に『警察やマスコミを動かすんだったら、地域を動かさないと』と言われた」

検察官「そうでなくて、マスコミや地域の人に怒りの念は?」

鈴香被告「ありません」

検察官「調書は?」

鈴香被告「取られたという記憶がある」

検察官「誰に?」

鈴香被告「○○刑事(実名)」

検察官「○○検事(実名)には?」

鈴香被告「覚えていません」

検察官「(同様の)調書があるが?」

鈴香被告「思い出せない」

検察官「チラシ配りはした?」

鈴香被告「はい」

検察官「頼んでも協力しなかった人は?」

鈴香被告「いない」

検察官「ビラ配りを『自分でやれば』という人は?」

鈴香被告「いない」

検察官「『また起きるかも』と言ったとき、『あなたおかしい』と言った人は?」

鈴香被告「いません」

検察官「(ビラの結果が)うまくいかなかったが?」

鈴香被告「がっかりした。いたずら電話すらなかった」

検察官「学校の署名運動は?」

鈴香被告「はい」

検察官「実現しなかったが?」

鈴香被告「しつこく要望しなかったから」

⇒(26)「子供誘拐の欲求」いつ生まれた?激しい応酬