×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(1)学校でのいじめ体験切々と…あだ名は「心霊写真」

秋田連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、畠山鈴香被告(34)の第5回公判が29日午前10時、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開廷した。被告人質問に臨む鈴香被告は、白地に黒の縦じまシャツと黒のジャケット、黒ズボン、ピンクのサンダル姿。少しうつむき加減のまま、裁判官席に一礼した後、証言台の前の席に座った。

藤井裁判長が黙秘権についての説明を行い、弁護側にどれぐらい質問が続くかを確認。3期日目の午後が余るぐらい必要と話す弁護側に対し、進行の妨げにならないようしてほしいと要求する藤井裁判長。そして、被告人質問が始まった。

弁護人「ゆっくり落ち着いて答えるように。分からなければ聞き直してください」

鈴香被告「はい」

弁護人「あなたは小さいころから父親の暴力を受けていたようだが」

鈴香被告「そうだった」

弁護人「どんな感じ」

鈴香被告「父と母はいつもけんかしていた」

弁護人「どんな風に」

鈴香被告「父は家にいないことが多かった。浮気が原因だった」

弁護人「態様は」

鈴香被告「殴る蹴るの暴力があった」

弁護人「母親に一番激しかったのは」

鈴香被告「お母さんはくるぶしの骨を折られていた」

弁護人「それはどんな感じだったか」

鈴香被告「髪の毛を引っ張られて蹴られたとき」

弁護人「どういうときにそうなるのか」

鈴香被告「父の機嫌が悪くなるとそうなった」

弁護人「あなたはどうやって生活していたの」

鈴香被告「父親の顔色をうかがって生活していた」

弁護人「たとえば」

鈴香被告「父の目を気にして、今日は機嫌が良さそうだとか、今日は悪そうだから近づかないようにしようとか」

弁護人「小学校に入るまでのことで覚えていることは」

鈴香被告「しつけが厳しかった」

弁護人「どんな感じ」

鈴香被告「直前まで機嫌がよく、外出に連れて行ってくれても突然怒り出したりして」

弁護人「そうするとどんな感じになる」

鈴香被告「気まずい雰囲気になった」

弁護人「暴れたりは」

鈴香被告「暴れたりはしないが、父の態度でぎくしゃくする感じ」

弁護人「小学校に入学してからは」

鈴香被告「高学年になると、平手で叩かれたりした」

弁護人「どんなときに、理由は」

鈴香被告「部屋を掃除してなかったり、機嫌が悪いというだけで叩かれたりした」

弁護人「平手打ちだけだったのか」

鈴香被告「中学に入ると、平手から握り拳になり、殴る蹴るや髪を持って引きずられるようになった」

弁護人「いくつぐらいまで」

鈴香被告「20歳ぐらいが最後だった」

弁護人「母親はかばってくれなかったのか」

鈴香被告「小さいころはかばってくれたが、大きくなるにつれて、かばってくれなくなった」

弁護人「どうして」

鈴香被告「かばうと余計に怒って暴れるので、そういうこともあって」

弁護人「小さいころ楽しかった記憶は」

鈴香被告「特にない」

弁護人「小学校入るごろまでに友達はいたか」

鈴香被告「2、3人いた」

弁護人「どんな遊びをしていたのか」

鈴香被告「おままごととか、鬼ごっことか、裏山へ行ってアケビを取ったりとかしていた」

弁護人「小学校生活で記憶に残っていることは」

鈴香被告「水子が憑いていると言われた」

弁護人「誰から言われたのか」

鈴香被告「小学校の担任」

弁護人「どうしてそういうことを言われたのか」

鈴香被告「先生が宗教に入っていたらしい」

弁護人「どこで言われたのか」

鈴香被告「教室で」

弁護人「授業中か」

鈴香被告「よく覚えていない」

弁護人「同級生への影響は」

鈴香被告「気持ち悪がられた。『心霊写真』というあだ名で、一部の人から言われた」

弁護人「他には」

鈴香被告「『心霊写真』とはやし立てられたりした」

弁護人「いつごろまで続いたのか」

鈴香被告「卒業するころまで」

弁護人「水子と言った先生は」

鈴香被告「途中で替えられた」

弁護人「なぜ」

鈴香被告「父と母が学校に掛け合ってくれて、校長先生がそういう判断をしたようだ」

弁護人「他には」

鈴香被告「給食が食べられなくて苦労した。時間内に食べ終わらないと、残ったおかずを手のひらにのせられた」

弁護人「それは、先生が両手に残ったおかずを乗せたと言うことか」

鈴香被告「はい」

弁護人「それで」

鈴香被告「そのまま食べるようにと」

弁護人「いわゆる『犬食い』のように食べろというのか。それは命令されていたのか」

鈴香被告「はい」

弁護人「いつごろまで」

鈴香被告「4年生から6年生までずっと食べさせられた」

弁護人「周りからはどのように言われたか」

鈴香被告「指の間から(おかずの)汁がこぼれるので『バイ菌』と呼ばれた」

弁護人「ほかには」

鈴香被告「同級生にトイレの個室に入れられ、鍵をかけられ、『洗ってやる』と洗剤をドアの上からかけられ、ホースで水をかけられた」

弁護人「何回もあったのか」

鈴香被告「何回もあった」

⇒(2)「関心引こうと万引きしてプレゼント」