×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(3)「耳や鼻を削ぎ、骨茹でた」聞くに耐えぬ遺体処理法

検察官は引き続き冒頭陳述を朗読している。検察官は、星島貴徳被告が冷酷に東城瑠理香さんの遺体を損壊し、遺体自体を消し去っていく様子を時系列に沿って説明する。

検察官「(犯行3日後の)4月21日は勤務先から帰宅した午後9時ごろから死体の解体作業を始めました」

21日までに頭部と両手両足、臓器を取り出していた星島被告。21日の解体作業はさらに猟奇性を増していく。

検察官「死体の頭から髪の毛を切り取り、耳や鼻、唇を切り取りました。さらに目玉をえぐって取り出しいずれも下水道管に流しました」

女性のシンボルでもある髪や顔を切り刻んでいた星島被告はどういった心境で損壊行為を行っていたのだろうか。

検察官「さらに頭蓋骨(ずがいこつ)をのこぎりで切り、中から脳を取り出し下水道に流しました」

遺体を細かく刻んだ星島被告はこの後、遺体を捨てる作業に着手していく。

検察官「(犯行から4日後の)4月22日から3回にわたり、出勤する前に骨の一部を手提げかばんに入れて持ち出し、近くのマンションのごみ置き場に捨てました」

星島被告はその後、警察の捜査を意識しながら遺体を隠す。

検察官「骨をまだ警察官に見られていなかった冷蔵庫の中から、すでに一度みられている天井裏に隠し替えました」

だが、天井裏に隠していた骨が腐敗するようになり、星島被告は犯行から1週間後の25日から27日にかけて常軌を逸した行動にでる。

検察官「骨を少しずつ鍋に入れて茹で、細かくなった骨や肉片、歯などを水洗トイレから流しました」

星島被告は、骨などを煮込んだりして小さくしたうえでトイレに流したり、流しきれないものを近くのマンションのごみ捨て場に捨てることを繰り返し、最終的に5月1日までにはすべての死体を捨て去った。

続いて検察官は星島被告が証拠を隠滅し捜査を撹乱していた行為について言及していく。

検察官「東城さんの携帯電話を除き、衣服や所持品を切り刻んでトイレから流しました。携帯電話は瑠理香さんの顔写真と氏名が書かれた紙を貼り付けて隠し持っていましたが、再び電源を入れれば東城さんが生きていると装うことができると考えたからです」

検察官は引き続き、遺族の感情について述べていく。被告人席の星島被告は少し猫背ぎみに座り、目を閉じたままだ。

検察官「供述通りに骨や肉片が見つかりましたが、わずかだったため、(遺族は)東城さんのDNA型と合致するとの鑑定結果が出ても受け入れることができませんでした。遺族たちは皆、星島被告が死刑になることを望んでいます」

検察側の冒頭陳述はこれで終了。引き続き、弁護側の冒頭陳述に移る。

弁護人「公訴事実については争いません」

弁護側は事実については争う姿勢を見せず、量刑についてが公判の争点になった。弁護側は星島被告の情状面から主張を展開するようだ。

弁護人「星島被告は、わいせつ行為に及ぶことのみ考えており計画性はありませんでした」

弁護側はまず計画性がないことを主張した。東城さんを連れ去る際に使用された包丁が、星島被告が持ち込んだものではなかったことや、目隠しに使用したのが東城さんの室内にあったズボンであったことから計画性のなさが立証できると、弁護側は訴えている。

弁護人「殺害や死体損壊に利用した包丁、のこぎりも事前に用意したものでなく自室にあったものでありました」

弁護側は、拉致だけでなく殺害、死体損壊についても計画性がないと訴えたいようだ。さらに弁護側は星島被告の経歴や改悛(かいしゅん)の情について言及する。

弁護人「星島被告は幼少時に足に大やけどを負い、負い目に生きてきました」

続いて弁護側は現在の様子について述べる。

弁護人「星島被告は拘置所内で冥福を祈りながら般若心経の写経を続けております。捜査段階から自分の死をもって償うことを意識しており、拘留中にも自殺を試みました」

事件直後に、あごをさすりながら平然とマスコミの取材に応じて無関係を装っていた星島被告だったが、弁護側は逮捕後に星島被告が自殺を図ったことを明らかにした。取材に応じていた様子と違い法廷内でみる星島被告は丸刈りで少しやつれたようにもみえる。

弁護側の冒頭陳述が終了し、平出喜一裁判長が公判前整理手続きの結果について述べ、争点が量刑であることを確認した。続いて東城さんの姉が証人として出廷する。

⇒(4)同居の姉、黒い服で涙 最後の言葉は「OK、行ってきます」