×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3回公判(2010.9.7)

 

(8)「オレ、よく筋トレするじゃん。アミノ酸と呼ぶから」 MDMA隠語の理由明かす

押尾被告

 保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判第3回公判。押尾被告は軽く一礼してから入廷して弁護人の横の席に着席し、メモを取るためのノートを広げた。

 午後は麻薬取締法違反罪で懲役1年の実刑判決を受けた泉田勇介受刑者(32)への弁護側の証人尋問が行われる。泉田受刑者が証言台に着席。押尾被告はかつての友人と目を合わせようとしなかった。山口裕之裁判長が審理の再開を告げた。男性弁護人が尋問を始める。

弁護人「今回の譲渡の事件の前に、大麻取締法違反で2件の前科がありますね」

証人「はい」

弁護人「1件目は大麻の栽培ですね」

証人「私が栽培していたわけではないです。はっきり覚えていません」

弁護人「あなたが…」

証人「何かこの事件と関係があるのですか」

 泉田受刑者は怒った口調で弁護人の質問に割って入り、反論した。

弁護人「あなたの違法薬物の入手可能性や親和性を聞いているんです」

証人「調べれば分かることでしょう。調書に書いてあります」

弁護人「調書が開示されていないので聞いているんです。1件目は大麻の栽培ですね。具体的にはどういうことですか」

証人「私が栽培していたわけではない。栽培していた人を知っていたんです」

弁護人「あなたの調書によると、同居していた彼女が栽培していたんですね」

証人「そうです」

弁護人「大麻の栽培の目的は自己使用ですか、販売ですか」

証人「自己使用だと思います」

 押尾被告はメモを取ることなく、男性弁護士の方を見つめている。

弁護人「次の事件はいつですか」

証人「執行猶予中の事件だったので3年以内だと思います」

弁護人「平成17年12月のことではないですか」

証人「だったかもしれません」

弁護人「大麻所持の罪ですね」

証人「(刑は)6カ月です」

弁護人「具体的にはどういうことをしたのですか」

証人「所持していたということです」

弁護人「車に乗っていたところを職務質問され、大麻を所持していたということですね」

証人「はい」

弁護人「誰の大麻ですか」

証人「言いたくありません」

 弁護人の執拗(しつよう)な質問に泉田受刑者はいらだっているようだ。

弁護人「所持の目的は?」

証人「目的ですか…。自己で使用するため」

弁護人「大麻の入手先は警察には言いましたか」

証人「…言ったと思います」

弁護人「今回の事件は言えないということを言っていましたね。それは後で聞きますけれども。2年服役し、出所はいつですか」

証人「19年だったと思います」

弁護人「20年12月から21年1月に押尾さんと知り合ったと言っていましたね。会社を立ち上げたばかりということでしたが、何という会社ですか」

証人「関係ありますか」

弁護人「あなたがどういうことで生計を立てていたか聞くためです」

証人「株式会社××(法廷では実名)です」

弁護人「会社の登記簿を取りましたが、設立は21年6月ではないですか」

証人「そうですね。その(押尾被告と知り合った)ころは立ち上げに動いていたけれど、書類が6月にそろったということです」

 弁護人はさらに泉田受刑者の収入源について追及する。泉田受刑者は衣類販売で収入を得ていたと証言した。

弁護人「押尾さんに前科のことを話したのはいつですか」

証人「(21年の)3、4月ごろだったと思います」

弁護人「1、2月とかもっと早い時期に話したことは?」

証人「覚えていません」

弁護人「最初に会ったのはいつですか」

証人「はっきりと覚えていません」

弁護人「(押尾被告の)所属事務所社員からの紹介ですね。社員とはどういう関係ですか」

証人「友人ですね。古くからつきあいがあります」

弁護人「押尾さんと知り合ったのはパーティーみたいな席じゃなかったですか」

証人「酒を飲んでいる場だったと思います」

弁護人「その場で薬物を使用しましたか」

証人「そのとき? 誰がですか」

弁護人「みんなです」

証人「みんな使っていないんじゃないですか。私もみんなも」

弁護人「薬物の前科について押尾さんに話したときに、二度と薬物をやらないことにしたという話はしなかったんですか」

証人「覚えていません」

弁護人「押尾さんに薬物を使っちゃダメだという話はしましたか」

証人「していないと思います」

弁護人「薬物の前科があるという話を押尾さんにあえてした理由は何ですか」

証人「会話の流れか、何か見たのか分からないですが、薬物の話になったことがあったんです。『実は過去がある』と話したことを覚えています」

弁護人「あなたが違法な薬物を手に入れられるという話をしたんではないんですか」

証人「いいえ」

弁護人「平成21年2月にお試しとして押尾さんにカプセル入りの薬を渡したことはありませんか」

証人「渡していません。ちょっとこちらから聞いてもいいですか」

 弁護人の質問に泉田受刑者がしびれを切らしたようだ。すかさず検察官が割って入った。

検察官「異議があります。さっきから威嚇的な質問が多すぎる」

弁護人「マイクが近いからです」

 男性弁護人は笑ってかわそうとする。山口裁判長が間に入り、泉田受刑者に語りかけた。

裁判長「一定のことは拒否できますよ。弁護人も、まあ柔らかく」

弁護人「取り調べみたいになってしまいましたね」

 弁護人は笑いながら言った。

弁護人「21年5月に押尾さんから薬物を入手するよう依頼を受けていますね」

証人「細かくいつかは覚えていないです」

弁護人「依頼はメールですか、口頭ですか」

証人「口頭ですね」

弁護人「あなたは入手するため知り合いにあたったんですよね。何人くらいにあたりましたか」

証人「そんなに何人も当たっていないと思う」

弁護人「あなたは薬物の入手経路を持っていた?」

証人「私が今回、MDMAの譲渡で逮捕され、そのことで私が密売人であるかのような報道がされていますが」

 泉田受刑者が反論を始めた。

弁護人「事実を答えて…」

証人「まあまあ、私は密売人ではないですし、(密売人が)どこで入手しているか分かりません。一般人が本気で探せば今はもう難しいことではないんですよ」

弁護人「まあ、でもそうではないのよ…」

 笑いながら話す弁護人を山口裁判長が一喝した。

裁判長「弁護人、質問をしてください」

弁護人「実際には薬物は入手できなかったんですね」

証人「1回目はできていません」

弁護人「入手できなかったことで押尾さんに何か言われましたか」

証人「もともと『入らなければ入らないでいいが、知り合いにあてがあれば聞いてもらえないか』という言われ方をしました」

弁護人「手に入らないことで押尾さんとの友情にひびは?」

証人「もともと『頼んでいたところが入らなくなっちゃった』と私に聞いてきたので。その(友情が壊れる)ことはないです」

 さらに弁護人は泉田受刑者に21年4月ごろ空のカプセルを入手した経緯について質問した。

弁護人「MDMAをアミノ酸と呼ぶのはいつごろからですか」

証人「(押尾被告からアミノ酸と)呼ぶからと言われて。覚えていませんが。空カプセルを頼まれたのと同じ時期です」

弁護人「あなたの方からアミノ酸という隠語を使おうと言ったのではないですか」

証人「一切ないです。第一、アミノ酸と呼ぶというのは押尾がよく筋トレをしていて、『オレ、よく筋トレするじゃん。MDMAをアミノ酸と呼ぶから』と言われただけです」

 左から3番目の男性裁判員はメモをとり続けている。

弁護人「メールでやりとりしない方がいいと忠告しましたか」

証人「はい」

弁護人「でもメールしていますよね」

証人「入ってきたらしようがないですよね」

⇒(9)「法律に触れても聞いてあげたいと素直に思った」 MDMAの入手依頼された泉田受刑者