×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3回公判(2010.9.7)

 

(11)「何であんな話するんだ? おれの立場がやばくなっている」 保釈中に呼び出して詰問

押尾被告

 押尾学被告(32)の友人で、押尾被告に合成麻薬MDMAを渡したとして、麻薬取締法違反罪で実刑判決が確定した泉田勇介受刑者(32)に対する弁護側の証人尋問が続いている。

 押尾被告が東京・錦糸町のホテルを出て出頭する直前、泉田受刑者と電話で話した内容について、男性弁護人が質問していく。弁護人は腕時計を片手に持ち、時間をかなり気にしている様子だ。

弁護人「ホテルを出て出頭するまでに、押尾さんと電話したり直接会ったりしましたか」

証人「電話をしました」

弁護人「どんな電話でしたか」

証人「ある女性への伝言を頼まれました」

弁護人「それ以外は?」

証人「元奥さんの矢田亜希子さんのことをよろしくと言われました」

弁護人「あなたが押尾さんに対して、『おれが薬を渡したことを警察に話すな』とお願いしたことはありませんか」

証人「一切ないですね」

 少しムッとしたような様子で、きっぱりと答える泉田受刑者。弁護人の質問は、泉田受刑者が押尾被告の以前の弁護人を訪問した際のやりとりに移っていくが…。

弁護人「押尾さんが逮捕された後の(平成21年)8月6日ごろに、押尾被告の弁護人の◯◯さん(法廷では実名)のところに行きましたよね? どんな話をしましたか」

証人「事件の話ですが、どういった流れだったとかだったと思いますが…」

弁護士「あなたから◯◯先生に、押尾さんが捜査機関にどのように話しているのかとか聞きましたか」

証人「押尾が心配だったので、本人の状況を聞いたのは間違いないですが…」

弁護士「◯◯先生はどのように答えていましたか」

検察官「弁護人! 刑訴法320条はご存じですか。伝聞供述を求めて何を立証しようというのですか」

 検察官は、伝聞証拠を原則として証拠とすることができないとする刑事訴訟法320条の規定を持ち出して異議を申し立てた。これに対して、山口裕之裁判長は弁護人に、伝聞供述を立証に求めるわけではないことを確認した上で、弁護人の質問は続けられた。

弁護人「どう答えましたか」

証人「(被告が)留置されていると。具体的な状況は分からないということでした」

弁護人「『何も話せない』と答えていませんでしたか」

証人「覚えていません」

 泉田受刑者が警察署から事情聴取を求められた経緯に、質問が移る。

弁護人「押尾さんの逮捕後に、麻布署からすぐに事情聴取したいと言われて、実際には1週間以上たっていたと思いますが、あなたが警察の事情聴取を遅らせたとかはないですか」

証人「特にないです。仕事とかいろいろ事情があるので、故意に遅らせたとかはなかったです」

弁護人「初めて応じたのは、◯◯先生のところに行った後でしたか」

証人「そうだったかもしれません」

弁護人「終わります」

 弁護側の反対尋問が終了し、検察官から追加の尋問が行われる。男性検察官は、証言台前に座る証人のすぐ右横に立って質問していく。

検察官「3点あります。1点目。先ほど弁護人質問で、MDMAをアミノ酸と呼ぶという話がありましたが、被告の方から言ったんですか」

証人「被告の方から言いました。身近な人に気づかれないようにとかいう説明をされました」

検察官「具体的にはどんな内容でしたか」

証人「MDMAをアミノ酸と呼べば、第三者が疑わないという話をされました」

検察官「2点目。(合成麻薬のTFMPPが入っていたとされる)サプリメントボトルを(押尾被告の元チーフマネジャー)□□さん(法廷では実名)に持ってこさせたと、7月31日に聞いたということについて、被告本人から何か言われましたか」

証人「あります。押尾が保釈中に呼び出されて、『何であんな話するんだ?』と。『おれの立場がやばくなっている』と」

検察官「日時と場所は?」

証人「10月末、原宿のマンションの一室です」

検察官「その場にほかに人は?」

証人「名前を言うと差し障りがある人がいました」

検察官「3点目。MDMAの入手先を言いたくないと言っていましたが、言うとどうなると思っていましたか」

証人「調書になり、証拠になると思っていました」

 続いて検察官は、押尾被告が錦糸町のホテルを出て出頭するまでの間に泉田受刑者と電話をした際、泉田受刑者に伝言を頼んだ女性の名前を確認するため、押尾被告の携帯電話の履歴を泉田受刑者、弁護側、裁判員らにモニターで示しているようだが、傍聴席からは確認できない。

検察官「この中に、その人の名前はありますか。日時と時刻を言ってください」

証人「はい。7月31日13時25分06秒です」

 弁護人が突然、追加で質問した。

弁護人「一点だけ。押尾さんの保釈中、呼び出されたのは、電話などで間接的にですか」

証人「はい」

弁護人「かけたのは誰ですか」

証人「差し支えがあるかもしれないので言いたくないです。私の知り合いでも押尾の知り合いでもあります」

弁護人「終わります」

 泉田受刑者は、弁護人からの質問には歯切れが悪く、少し考えて答える場面もあったが、おおむねはっきりと答えていった。検察側、弁護側双方の質問は終了した。続いて、裁判官が質問していく。初めに、向かって右側の男性裁判官が質問した。

裁判官「裁判官から2点うかがいます。あなたがMDMAを渡したのは7月31日の1回だけですか」

証人「はい」

裁判官「7月31日の夜に、サプリメントボトルをアメリカから□□さんに持ってきてもらったという話を聞いたんですよね。ならば、なぜ31日にMDMAを持ってきてと言われたのか、あなたは気になりませんでしたか。または、なぜか聞いたりしませんでしたか」

証人「してないです。疑問に思いませんでした」

裁判官「8月2日のことを聞きます。空のカプセルを被告に渡しましたね。何に使うのか話をしましたか」

証人「カプセルを渡したときにカプセルの大きさを見て、『入りづらい』と言っていたので、推測ですが、MDMAをつぶしてカプセルに入れて使うんだなと思いました」

裁判官「もう一つ。8月2日の夜、田中さんが亡くなったときの話です。被告から薬物の入ったプラスチックボトルを渡されたとき、処分を依頼されたと思ったということでしたが、空のカプセルもそのときに渡されたんですか」

証人「ボトルを渡された時点で、カプセルも渡されたと思います」

裁判官「カプセルの状態はどうでしたか」

証人「空のカプセルはジップロック式でしたが、ロックと別のところで破かれているような状態でした」

 泉田受刑者は、証言台の下で、袋を破くようなしぐさをしながら説明した。向かって左側の男性裁判官の質問に移る。

裁判官「錦糸町のホテルでのことを聞きます。押尾被告を早く落ち着かせて出頭させないといけないと考えたということでしたが、押尾被告が逮捕されると、あなたに捜査の手が及ぶとかは考えませんでしたか」

証人「それでも割り切るしかなかったです。人が亡くなっている話ですから。かたや芸能人だし、長引くと事件も大きくなるし、周囲にも迷惑かけるので、このときはいかにして出頭させるかを優先させました」

 山口裁判長が質問する。

裁判長「8月2日の夜に、カプセルを渡されたのは箱ごとでしたか」

証人「はい」

裁判長「箱の中のビニール袋が破れているのを確認したのは、42階のトイレでですか」

証人「はい」

 泉田受刑者は、田中さんの容体が急変した部屋の上層にある、押尾被告の知人の部屋のトイレで、空のカプセルを処分したとされる。

 裁判長の質問は終了。泉田受刑者への証人尋問は終了した。裁判長が休廷を告げた。30分の休憩後に法廷は再開される。

⇒(12)「連れの女が意識がない。やばいっすよ」 連呼する被告を「通報しろ」と元国会議員の知人が一喝