×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3回公判(2010.9.7)

 

(3)MDMA服用し性交渉… 自分も倒れ、「女の子がゾンビみたいに」

押尾被告

 保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判第3回公判。押尾被告に合成麻薬MDMAを渡したとして、麻薬取締法違反罪で懲役1年の実刑判決を受けた泉田勇介受刑者(32)の証人尋問が続く。

 検察官は、押尾被告がMDMAを使って女性と性交渉したことを泉田受刑者に話した場面について尋問を続ける。押尾被告は指先でペンを揺らしながら証言を聞いている。

検察官「その話を聞いた場所はどこですか」

証人「カフェかレストランで2人で食事やお茶をしていたときでした」

検察官「どんな話でしたか」

証人「(女性の)名前は聞いていないのですが、『女の子とMDMAを服用してセックスしたときに大変なことになった』という内容でした」

 押尾被告がメモを取り始めた。

検察官「被告はどんな言い方をしていましたか」

証人「『女の子がゾンビみたいになっちゃった』という言い方をしていました」

検察官「被告自身がどうなったかは話していましたか」

証人「自分もすごく具合が悪くなって、倒れ込んだりしたと話していました」

検察官「被告は『やばかった』という表現は使っていましたか」

証人「使っていました。『やばかった』と言っていました」

検察官「被告はどんな様子で話していましたか」

証人「割と淡々と。女の子の体調を気にしているというより自分のスキャンダルを気にしている感じでした」

検察官「被告がそこまで説明したわけではないが、『発覚したらやばいことになる』という意味で受け取ったということですか」

証人「はい」

検察官「その話を聞いて、あなたは被告がMDMAを服用して女性とセックスしていることを知っていました?」

証人「はい」

検察官「あなたと被告はMDMAのことを『アミノ酸』と呼んでいましたね」

証人「はい」

検察官「だから、あなたは7月30日に『アミノ酸入る?』と被告に聞かれたときに、MDMAを使って女性とセックスをするつもりだと推測したのですね」

証人「はい」

検察官「MDMAを入手したのですか」

証人「はい」

検察官「入手したのはいつですか」

 泉田受刑者は手元の資料を見ようとした。検察官は資料を見ずに、記憶で答えるよう促した。

証人「この日(依頼された7月30日)だったと思います」

検察官「(7月)31日ではないですか」

 今度は検察官は泉田受刑者に資料を見せて確認させた。

証人「(押尾被告から)メールが入ってから、『聞いてみる』と何度かやりとりしたから、(21年7月)31日ですかね」

 右から3番目の女性裁判員は真剣な表情でメモを取っている。検察官は資料を泉田受刑者に見せながら尋問を続ける。

検察官「ここにあなたから『アミノ酸は10(錠)からになるから10もらったよ』と被告に連絡したことが記載されています。これはMDMAを10という単位で買ったことを知らせるものですね」

証人「はい」

検察官「(MDMAを)購入した場所は?」

証人「言いたくないです。(別の人に)迷惑をかけたくないこともありますし、事件と直接関係はないです」

 押尾被告は時折メモを取りながら泉田受刑者の証言を淡々と聞いている。

検察官「どこから手に入れたか、弁護人なども知りたがると思いますが、言いたくないと?」

証人「はい」

検察官「では、値段ならばどうですか。いくらでしたか」

証人「金額は覚えていませんが、持ち合わせた金額で立て替えたので、3〜4万円だったと思います」

 右から2番目の男性裁判員は両手を合わせ証言に聞き入っている。

検察官「10というのはどんな単位ですか」

証人「錠ですね」

検察官「形は?」

証人「丸かったです」

検察官「カプセルや錠剤も錠と呼びますが、どちらでしたか」

証人「カプセルではなくて、押し固めた固まりが10錠でした」

検察官「あなたは現物の色や形を見ましたか」

証人「はい。受け取ったときに見ました」

検察官「どんな色や形でしたか」

証人「くすんだクリーム色に近い、表面がざらついた感じです。ところどころこげ茶色の小さい粒がありました」

検察官「形は?」

証人「そんなに厚くない。2ミリくらい…。丸形でうっすら真ん中に線がある固形物でした」

検察官「質感はどうでしたか」

証人「直接触ったわけではないですが、ざらついている、粒子が粗いというか、コーティングされていない状態。駄菓子のラムネのような状態です」

検察官「硬さは?」

証人「パケ(袋)の上から押したわけではないですが、強く押せば崩れそうな質感でした」

検察官「いま『パケ』という言葉が出ましたが、一般にビニール袋に入っているものをパケと呼ぶのですね」

証人「はい」

検察官「ビニール袋の大きさは?」

証人「たばこの箱を少し、一回り小さくしたくらいです」

 検察官はおもむろに胸ポケットからたばこの箱を出し、掲げるようにして大きさを確認した。

検察官「これより一回り小さい大きさということですね」

証人「はい」

検察官「ビニール袋にチャックはついていましたか」

証人「はい。(ビニール袋は)紙袋で包まれ、紙袋の中にパケが入っていました。紙袋の色は赤っぽいと思いました。形は細長い感じで…」

 泉田受刑者は両手の指先を前に出し、大きさを示した。検察官は「17、18センチくらいですかね」と泉田受刑者に確認した。

検察官「文房具を買うときに包むような薄い紙袋ですか」

証人「はい」

検察官「被告に(入手したMDMAを)持っていったのはいつですか」

証人「次の日ですかね」

 右端の男性裁判員は左手を頭に当て、考え込みながらメモを取っている。押尾被告は資料を見ながら弁護人と何かを確認しているようだ。

検察官「『時系列』の(資料)2ページ目には、あなたが7月31日午後4時56分に六本木ヒルズのエレベーターホールにいたことが書かれています。この時間を基準にして、押尾被告にMDMAを持っていったのは前ですか後ですか」

証人「この後だったと思います」

⇒(4)「違法薬物隠すときはスニーカーの中」MDMA隠蔽のため靴箱へ