×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3回公判(2010.9.7)

 

(5)「汗がすごくなっている」「じんわりきたなあ。どうしよう」 薬物飲んだ泉田受刑者のメールへの返信は…

押尾被告

 保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判第3回公判は、押尾被告に合成麻薬MDMAを譲渡したとされる泉田勇介受刑者(32)への検察官の証人尋問が続いている。

 男性検察官は、泉田受刑者の隣に立ち、証拠資料を指さしながら、押尾被告と薬物を飲んだとされる昨年7月31日夜の状況を尋ねる。

検察官「サプリメントの白いカプセルを見せられ、押尾被告からは、新種のエクスタシーでアメリカから買ってきたものを混ぜたものだと説明を受けた。(押尾被告の所属事務所のチーフマネジャー)□□(法廷では実名)に持ってこさせたものと聞きましたね?」

証人「はい」

検察官「その後、このカプセルをその場で飲んだ?」

証人「いくつかほかのサプリメントも見せられ、飲むかと押尾被告に勧められて何錠か飲んだ。それ(エクスタシー)かどうかは分からない」

検察官「体調に変化は?」

証人「すぐには感じませんでした」

検察官「後になってからは?」

証人「後になって酒を飲んだので、実際に飲んだ薬物の効力か分かりませんが、記憶がなくなりました」

検察官「その日に記憶をなくした?」

証人「はい」

 携帯電話の履歴などの証拠資料を泉田受刑者に再度提示し、男性検察官は尋問を続ける。

検察官「7月31日21時50分ごろ、あなたは『汗がポワポワで汗がすごくなっている』と押尾被告にメールしていますが、カプセルを飲んだ後ですね」

証人「はい」

 男性検察官は次のページを開くように指示。

検察官「押尾被告から『アゲアゲ』と返信があり、22時すぎには『じんわりきたなあ。どうしよう』と返信しています。どういう意味のやりとりだったのですか」

証人「適当にメールを返したイメージがあります。違法薬物を飲んでいる意識はなかったが、飲んだのがアメリカから持って帰ってきたものではなかったかと思います」

検察官「そのときテキーラも飲みましたか」

証人「飲みました」

検察官「それで記憶をとばしたことも考えられる?」

証人「普段(同じように)飲んだ量で記憶をとばしたことはなかった。ロス(アメリカ)から持って帰ってきたカプセルではないかと思います」

 男性検察官は泉田受刑者の横に立ったまま、8月2日に六本木ヒルズを訪れた際の状況について尋問内容を変える。

検察官「午前中に2307号室に来てますね。時間は?」

証人「11時台だったと思います」

検察官「用件は?」

証人「特になく、押尾被告から昼飯を食べないかと誘われて行きました」

検察官「行くときに頼まれごとはなかったですか」

証人「以前に頼まれた透明のカプセルを買ってくるように言われました」

 男性検察官が、携帯電話の履歴の証拠資料を示すと、裁判員らは席に置かれたモニターをのぞき込んだ。

検察官「(午前)10時46分に携帯のメールで押尾被告から『カプセル買える? 大きい方』とあります。その後六本木駅の改札を出てから何をしましたか」

証人「ドラッグストアで、空のカプセルとビニール傘を買いました」

 泉田受刑者がドラッグストアで買った空のカプセルの形態について男性検察官が尋ねる。泉田受刑者はカプセルは100個入りだったと説明する。

検察官「(午前)11時ごろに六本木ヒルズに行っている。2307号室で押尾被告にカプセルを渡した?」

証人「はい」

検察官「その後は何をして過ごしましたか」

証人「昼食をとるために外に出たりしました」

検察官「部屋でDVDを見た記憶は?」

証人「あります」

検察官「帰ったのは何時ごろでしたか」

証人「15時近かったと思います」

検察官「14時半ぐらい?」

証人「はい」

検察官「14時32分に(押尾被告の元マネジャー)△△さん(法廷では実名)と六本木ヒルズから出る姿が防犯カメラに写っています。その1分後に田中さんが入れ替わりで入っている。田中さんと面識は?」

証人「一度だけ、長時間ではないが、あいさつしたことはあります」

検察官「時期は?」

証人「記憶はあいまいですが、5、6月だったと思います」

検察官「どんなシチュエーションでしたか」

証人「友人と西麻布の飲食店で食事をしていたときに押尾被告から電話があり、近くにいるから顔を出すといわれた。店で押尾被告を友人に紹介した後、外まで送ったときに、車の助手席に(事件で死亡した)田中(香織)さん=当時(30)=が座っていて紹介されました」

検察官「それ以降、会ったことは?」

証人「ありません」

 男性検察官は、終始、泉田受刑者の隣に立った状態で、穏やかな口調で尋問を続けていった。

⇒(6)部屋に入ったとたん「死んじゃった」 提案された2つの隠蔽“ストーリー”とは?