×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(18)「自殺未遂、ピンとこなかった」

鈴香被告の弟に対する質問が続く。検事は2人の関係を聞き出しながら、感情的になりやすい被告の性格を浮き彫りにしたいようだ。

検察官「平成17年12月6日ごろ、被告と大ゲンカしているが?」

証人「別の人がかかわっているので詳しく言いたくない。姉に私の友人をバカにされた」

検察官「なぜ、被告は友人をバカにしたのか」

証人「…覚えていない」

検察官「言いたくないのかな」

証人「そうです」

検察官「いつもより派手なケンカだった?」

証人「はい」

検察官「それ以来、しばらく被告とうまくいかなかったのか」

証人「いつもより長いケンカだった」

検察官「被告はケンカ後、眠れずに距離をおくことにしたと言っている。実際にそういうことあったのか」

証人「はい」

検察官「被告はケンカの時、怒りやすいか」

証人「そうですね」

検察官「あなたは警察に、被告が感情を抑えられず一方的に話すことがあると言っているが」

証人「ここ何年かはあった」

検察官「最近は前より怒りっぽくなった?」

証人「自分の意見を通したいというか…」

検事の追及は、鈴香被告の自殺未遂時の件に。弟が自殺未遂を深刻に受け止めていなかった実態を引き出し、被告の証言のいい加減さを印象づけたいようだ。

検察官「被告が自殺未遂を図ったとき、なんでそういうことをしたのか聞いたか」

証人「してない」

検察官「どうして?本気で自殺したいと思っていたのか」

証人「聞いたかもしれないが、覚えていない…」

検察側が質問を続けようとすると、藤井裁判長が遮った。

裁判長「もう少し答えたそうにしていますよ」

証人「自殺未遂を父と姉から聞いたが、いまいちピンとこなかった」

検察官「本当に死にそうと思わなかった?」

証人「話を聞いたとき、車を運転していたのは姉だった。具合が悪そうな感じではなかった」

検察官「あまり深刻な話と思わなかった?」

証人「そうですね」

今度は子育てや家事など、鈴香被告の生活面について追及が始まった。

検察官「あなたは彩香ちゃんをお風呂に入れたとき、体がくさいと感じたことはないと言っていたが、彩香ちゃんは体を洗っていないとも言っている。臭くなったとき、あなたや両親が風呂に入れたことは」

証人「それはあった」

検察官「あなたの母親やあなたは弁護人に、『体が臭くなると強制的に入れた』と言っているが」

証人「私自身、においについて思ったことはない。髪の毛が油っぽくなると体も一緒に洗った」

検察官「藤里の自宅の風呂は私も見たが、本当に使っていたと思うか」

弁護人「異議あり。意見を求める質問だ」

裁判長「証人は2〜3週間、藤里にいたことがある。あなたが風呂に入ったとき、汚れは?」

証人「汚れていると思ったが、使えればいいと思った」

検察官「そのとき被告が彩香ちゃんを風呂に入れているのは見たか」

証人「ない」

検察官「彩香ちゃんは1人で風呂に入っていた?」

証人「はい」

鈴香被告は相変わらず口を真一文字に結んだまま。じっくりと考えながら証言する弟に目をやることはなかった。

⇒(19)事件後にマンガ買ったのは…検察「お姉さんかな?」