×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(13)「子供のころはケンカばかり」

証人として余韻を残した鈴香被告の母が傍聴席に戻り、約20分間の休廷後、今度は鈴香被告の弟が証言台に立った。

中肉中背で黒い上下のスーツ、やや長めの前髪にメガネをかけている。鈴香被告は、座ったままで上目遣いに弟を見た。弁護側が質問を始める。

弁護人「年は4歳違いで、学年は5年違う?」

証人「はい」

弁護人「公判は毎回母と傍聴している?」

証人「はい」

鈴香被告は目をつぶってやり取りを聞いていた。まずは鈴香被告の母親が話した「DV家庭」の実態について質問が飛ぶ。弟は秋田弁まじりの小さな声でボソボソと答えた。

弁護人「鈴香被告が父親から暴力を受けているのを見たことがある?」

証人「はい」

弁護人「いつごろ?」

証人「しっかり記憶にあるのは、私が中学校に上がってから」

弁護人「鈴香被告が暴力を受けているとき、あなたはどこに?」

証人「小学生に上がるころには自分の部屋があったので、大体自分の部屋にいた」

弁護人「偶然いなかったのか。それとも意図的に回避した?」

証人「意図的な方が大きい」

弁護人「なぜ?」

証人「とばっちりというか…自分も怒られたりということがあったので」

弁護人「あなたに対する暴力は?」

証人「悪いことをしたときにはひどく殴られたが、私自身に対して意味なくたたくことは少なかった」

弟は、父親の暴力が、夫婦げんかが発端となって始まっていたと証言する。

母親が殴られたりけられたり、髪の毛を引っ張られるといった光景は「けんかのたびにあった」というものの、鈴香被告への暴力の有無については、「自分の部屋にいることが多く、あまり見てはいない」。

弁護側は話の接ぎ穂がなくなり、鈴香被告と弟の関係についての質問に変える。

弁護人「子供のころは姉とどういう関係だった?」

証人「しょっちゅうケンカばかりで仲は悪かった」

弁護人「仲良く遊んだことは?」

証人「ほとんどない」

弁護人「鈴香被告は、高校卒業後すぐに栃木にいった。あなたは何年生だった?」

証人「中学校2年か3年ぐらい」

弁護人「就職した姉が最初に帰ってきたのは?」

証人「中学3年の秋ごろ」

弁護人「なぜ覚えている?」

証人「そのころ、私が未成年でたばこを吸ってて姉から父に告げ口された。そのことが記憶に残っているから」

⇒(14)「彩香ちゃん、邪険にしていない」姉をフォロー