×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第6回公判(2010.9.13)

 

(7)「次はクスリ使ってしようよ」居酒屋で決まったドラッグセックス

押尾被告

 保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)に対する弁護側の被告人質問が行われている。男性弁護人は、死亡した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=と押尾被告が薬物を使っていた状況について質問を進めている。押尾被告は正面を見据え、早口でよどみなく答えている。

弁護人「あなたが用意した粉末の入手先はどこですか」

被告「泉田さんです」

 泉田さんとは、押尾被告にMDMAを譲り渡したとして、実刑が確定し、今回の公判でも証人として証言した泉田勇介受刑者(32)のことだ。

弁護人「あなたが用意したクスリを田中さんが使うこともありましたか」

被告「はい」

弁護人「田中さんが用意したMDMAを2人で使うこともありましたか」

被告「はい」

弁護人「クスリを使ったセックスは何回目からしたのですか」

被告「2回目です」

弁護人「場所は?」

被告「都内のホテルです」

弁護人「1回目のセックスのあと、クスリを使うようになったのはなぜですか」

被告「1回目のあとどこかの居酒屋で『次はクスリ使ってしようよ』ということになって」

弁護人「だいたい田中さんはどのくらいのクスリを飲んでいましたか」

被告「1、2錠じゃきかないということで、3錠以上は」

弁護人「(事件の日より前に)クスリで田中さんの具合が悪くなったことはありましたか」

被告「ないです」

弁護人(「事件の日より前に、現場となった六本木ヒルズの)23階の部屋に来たことはありますか」

被告「はい」

弁護人「事件のあった平成21年8月2日は何回目だったのですか」

被告「2回目です」

弁護人「いつごろからこの部屋を使うようになったのですか」

被告「6月中旬以降です」

弁護人「何のためですか」

被告「曲作りのために使わせてもらっていました」

 裁判員は押尾被告をじっと見つめている。弁護人は、泉田受刑者と知り合った経緯について質問していく。

弁護人「泉田さんとはどのように知り合いましたか」

被告「(押尾被告が当時、所属していた)エイベックスの人を通じてです」

弁護人「場所は?」

被告「六本木でした」

弁護人「泉田さんと初めて会ったとき、どんな話をしましたか」

被告「当時は焼き肉屋でアルバイトをしていたようで、バイトやめたいとか、おいしい仕事はないかとか雑談です」

弁護人「泉田さんは違法薬物を使っていたことを知っていましたか」

被告「はい」

弁護人「いつ知りましたか」

被告「初めて会った日です」

弁護人「なぜですか」

被告「私の目の前でコカインを吸っていました」

弁護人「あなたも使いましたか」

被告「勧められましたが、僕はコカインはやらないので断りました」

弁護人「泉田さんとはなぜ付き合っていたのですか」

被告「よくなついてきたというか寄ってきて、ウマがあったというか、自然に仲良くなりました」

弁護人「泉田さんとは何をしていましたか」

被告「食事や飲みに行ったり、周りの人を紹介したりしました」

 押尾被告はよどみなく弁護人の質問に答えていく。

弁護人「泉田さんはどんな違法薬物をやっていましたか」

被告「コカイン、大麻、MDMAです」

弁護人「メーンはどれですか」

被告「コカインと大麻です」

弁護人「泉田さんは薬物を持ち歩いていたのですか」

被告「はい」

弁護人「どのように持ち歩いていましたか」

被告「パンツや靴下につっこんだり、たばこの箱の底に入れたりしていました」

弁護人「なぜ知っているのですか」

被告「何回も見たからです」

 押尾被告ははっきりとした口調で断言した。

弁護人「泉田さんにクスリをもらったことはありますか」

被告「はい」

弁護人「(麻薬取締法違反罪の起訴事実となった21年)7月31日の譲り受けをのぞいて、何回もらいましたか」

被告「2回です」

弁護人「いつですか」

被告「21年の4月か5月です」

弁護人「泉田さんは違法薬物の種類について何と説明していましたか」

被告「『MDA』と言っていました。MDMAの兄弟みたいなものと」

弁護人「4月のMDAはいくらで買いましたか」

被告「17万5千円です」

弁護人「どんなものでしたか」

被告「薄茶色と濃い茶色が混じった粉末でした」

弁護人「どこで買いましたか」

被告「六本木のいきつけのバーです」

弁護人「粉末はどのように飲んでいましたか」

被告「透明のカプセルに入れて飲んでいました」

弁護人「5月にもらったときはいくらでしたか」

被告「やるよと言われタダでした」

弁護人「どのようにもらったのですか」

被告「泉田さんの誕生日会の3次会で、青山のクラブみたいなバーみたいなところです」

弁護人「このときもらったのは(別の合成麻薬の)TFMPPでいいのですか」

被告「そうです」

弁護人「捜査当局にTFMPPと言われるまでは何だと思っていましたか」

被告「MDAかMDMAと思っていました」

弁護人「泉田さんはどこから入手したのですか」

被告「地元の友達と言っていました」

弁護人「21年の7月30日に『話変わるけど、アミノ酸ある?』とメールしましたか」

被告「はい」

弁護人「アミノ酸とは何のことですか」

被告「『MDA』のことです」

弁護人「MDAをアミノ酸呼ぶのは誰の提案ですか」

被告「泉田さんです」

 押尾被告は口調を変えることもなくはっきり答えていく。

⇒(8)事件当日「新作(MDMA)の上物といわれ、興味が…」被害者の持ち込み強調