×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第6回公判(2010.9.13)

 

(12)「ホテルで点滴打ってクスリ抜こうとしたが、痛くてやめた」 隠滅姿勢くっきり

押尾被告

 合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判の第6回公判が続く。事件直後の状況について押尾被告に対する男性弁護人の質問が行われている。

弁護人「△△さん(法廷では実名)に女性が死んだということは話しましたか」

 △△さんとは押尾被告の元マネジャーだ。

被告「急に死んだということを伝えました」

弁護人「△△さんに第一発見者になってくれと言ったら何と言われましたか」

被告「分かりましたと言われました」

弁護人「△△さんに身代わりは頼みましたか」

被告「クスリを飲んでなくて無理なので頼んでいません」

弁護人「□□さん(法廷では実名)には現場に来てほしいと言ったのですか」

 □□氏とは押尾被告の元チーフマネジャーだ。

被告「□□さんは私たちの上司なので来た方がいいということになりました」

弁護人「□□さんに、△△さんを第一発見者にすると伝えたら何と言われましたか」

被告「そんなことできるわけがないといわれ却下されました」

 早口で質問を続ける弁護人。話の流れをつかめずに顔をしかめる裁判員の様子がうかがえる。

弁護人「□□さんから救急車を呼んだ方がいいと言われましたか」

被告「ありません」

弁護人「このときどうしたかったですか」

被告「クスリを抜きたかったです。その後、警察に出頭するつもりでした」

弁護人「泉田さんを(六本木ヒルズレジデンスの)23階に呼んだ理由は?」

 泉田さんとは押尾被告にMDMAを譲渡したとして懲役1年の実刑判決を受けた泉田勇介受刑者(32)だ。

被告「点滴でクスリを抜けるヤミ医者を知っていると聞いたので、早くクスリを抜きたかったんです」

弁護人「(8月2日午後)9時19分に119番通報していますが、このあとなぜ42階に昇ったのですか」

被告「○○さんに落ち着いてお前の用事を済ませろと言われました。○○さんが第一発見者になると思いました」

 ○○さんとは事件現場で119番通報した人物だ。

弁護人「どうして42階へは階段で昇ったのですか」

 押尾被告は一瞬言葉に詰まりながら発言を続けた。

被告「泉田さんと走って昇って、クスリが効いていたので早く抜きたかったからです」

弁護人「□□さんがそのあと42階へ来た理由は何ですか」

被告「それは分かりません」

弁護人「そのあと、42階を出てどうしましたか」

被告「(東京)錦糸町のホテルで点滴を打ってクスリを抜こうとしたのですが、痛かったのですぐにやめました」

弁護人「錦糸町のホテルを出てから麻布警察署に出頭する前、泉田さんと打ち合わせをしましたか」

被告「とりあえず、『おれのことは絶対に言うな。次は実刑が確実だから』というようなことを言われました。だから言っていません。『アッコをよろしく』なんてことは言ってないし、泉田さんは元妻と2回くらいしか会っていないので頼んだりはしません」

 アッコとは押尾被告の元妻で女優の矢田亜希子さん(31)だ。

 弁護人は押尾被告のほかの交友関係について質問を続けた。

弁護人「Kさんと初めて出会ったのはいつですか」

被告「7〜8年前です」

弁護人「KさんとMDMA以外のクスリを使ったことはありますか」

被告「使ってないです」

 Kさんとはドラッグセックスのパートナーの一人で、今回の公判で証言に立った。

弁護人「Kさんに『あれいる?』と言ったことはありますか」

被告「ありません」

弁護人「警察がメールのやり取りを復元していますが、平成21年7月にKさんに対し『あれいる?』などと送ったメールはありましたか」

被告「ないです」

弁護人「Eさんと初めて出会ったのはいつですか」

 EさんもKさん同様、ドラッグセックスの相手の一人で、公判で押尾被告との関係を証言した。

被告「平成21年です」

弁護人「そのあと(米国の)ロサンゼルスに来たのはどうしてですか」

被告「誕生日のお祝いということで来ました」

弁護人「EさんとMDMAを使ったことはありますか」

被告「ありません」

弁護人「違法薬物以外を使ったことはありますか」

被告「アダルトショップなどで売っている媚薬のようなものはあります」

 合法、違法薬物を問わず、押尾被告が複数の人物とドラッグセックスを楽しんでいたことがうかがえる。

弁護人「Eさんの体が悪くなったことはありますか」

被告「ありません」

弁護人「Eさんはうそを言っているということですか」

被告「明らかにそうでしょう」

弁護人「Eさんはロスで楽しそうでしたか」

被告「楽しかったと思います」

 押尾被告が事件直前に行ったメール内容を記載した表が法廷の大型モニターに映し出された。

弁護人「アメリカへ行ったのはいつからいつまでですか」

被告「7月5日から28日までです」

弁護人「7月23日にアメリカの友人に送ったメールではあなたは『合計いくら? 私がボラれないように』などと書いて送りましたか」

被告「はい。送りました」

弁護人「このときのクスリとは錠剤ですか」

被告「そうです。錠剤です」

弁護人「□□さんは7月24日にラスベガスに来て帰国していますね?」

被告「はい」

弁護人「このときサプリメントボトルの持ち帰りを頼みましたか」

被告「頼みました」

弁護人「クスリを入れて帰ることは?」

被告「頼んでいません」

 はっきりと答える押尾被告。

弁護人「□□さんに渡したのはいつですか」

被告「帰国前日。撮影が終わり、その後、『荷物に隙間あるか』と聞いたら『ある』と言われた。そしてベネチアというクラブで騒いでいました」

弁護人「ボトルを渡した場所はどこですか」

被告「宿泊していたホテルの3階です」

弁護人「□□さんが(7月)24日に帰国してから、友人に『私のためにMDMA30錠お願い』と言いましたか」

被告「言いました」

弁護人「錠剤、ピルですか」

被告「はい。粉末ならパウダーといいます」

弁護人「どうやって使いましたか」

被告「現地でスタッフらとドンチャン騒ぎをしているときに使いました」

 眼鏡をかけた男性検察官が鋭い視線で押尾被告を見つめている。

弁護人「もしアメリカからクスリを持ち帰ったのなら、泉田さんに頼む必要はありましたか」

被告「ありません」

弁護人「(合成麻薬の)TFMPPをサプリメントボトルに入れたのはいつですか」

被告「その後のことです」

弁護人「TFMPPを泉田さんに渡したことはありますか」

被告「ありません。勝手に取っていったことはあります」

弁護人「最初にMDMAを服用したのはいつですか」

被告「平成19年です。クラブでバカ騒ぎをしているときに使いました」

⇒(13)「家族、仕事、社会の信用…。田中さん。すべてと言っていいぐらい失いました」 後悔にじませる被告