×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第6回公判(2010.9.13)

 

(6)「覚醒剤やめるの大変だった」と被害者 クスリ話は「初めての食事で…」と被告

押尾被告

 合成麻薬MDMAを一緒に服用した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に対し、適切な救命措置を取らずに死亡させたとして保護責任者遺棄致死などの罪に問われている元俳優、押尾学被告(32)に対する裁判員裁判の第6回公判が続く。

 証人尋問が終わり、山口裕之裁判長が証人を退廷させる。

裁判長「では被告人質問に移ります」

被告「はい」

 小さな声で応じる押尾被告。ぎこちない歩き方で弁護人横の席から証言台に移る。

裁判長「かけなさい」

被告「失礼します」

裁判長「今のところ予定が大きく狂ってはいませんが、要領よく進めてください」

 男性弁護人が立ち上がり、押尾被告をじっと見つめる。押尾被告は肩の力を抜いたような姿勢で証言台に座る。

弁護人「最初に、あなたは平成21年8月2日の事件発生以前までどのような仕事をしていましたか」

被告「俳優業と音楽業です」

弁護人「具体的にどういう仕事ですか」

被告「日本映画2本とスペイン映画の撮影を行っていました」

弁護人「スペイン映画とは何の映画ですか」

被告「マップ・オブ・ザ・サウンド・オブ・トウキョウという映画です」

弁護人「撮影はいつごろから始まりましたか」

被告「20年の終わりごろからです」

弁護人「いつごろ撮影が終わりましたか」

被告「21年の1、2月ごろです」

 押尾被告は徐々にはっきりとした口調で質問に答えていく。

弁護人「日本の映画2本はいつごろ撮影していましたか」

被告「4〜6月ごろです」

弁護人「そのほかの出演予定はありましたか」

被告「ハリウッドの映画とドラマの2本がありました。オーディションがありました」

弁護人「21年7月に渡米されていますがどうしてですか」

被告「仕事の関係です」

弁護人「健康面ではどういった注意を払っていましたか」

被告「週5でジムに通っていました」

弁護人「ということは(事件発生の)21年8月ごろは仕事面は順調だったということですか」

被告「はい」

弁護人「田中さんと泉田さんとのいきさつについてお尋ねします」

 泉田さんとは押尾被告にMDMAを譲渡したとして懲役1年の実刑判決が確定した泉田勇介受刑者(32)だ。

弁護人「初めて田中さんと会ったのはいつですか」

被告「20年に銀座のクラブで初めて出会いました。店での名前はアゲハです」

弁護人「どんな話をしましたか」

被告「雑談をしたり、今度食事に連れて行ってくださいというようなことを言われました」

弁護人「初めて2人で会ったのはいつごろですか」

被告「20年2月ごろです。都内の焼き肉屋で食事をしました」

弁護人「これまで会った回数はどれくらいですか」

被告「10回くらいです。レストランやバーで会いました」

 弁護人の質問に対し押尾被告はよどみなく答えていく。

弁護人「どんな会話をしましたか」

被告「将来のことなどを話しました」

弁護人「田中さんはどんな性格の方でしたか」

被告「さばさばしたような性格です」

弁護人「違法薬物、クスリについて話をしたことはありましたか」

 複数の裁判員が眉間(みけん)にしわを寄せながら、じっくりと押尾被告の証言を聞いている。

被告「(田中さんは)10代のころからあらゆるクスリをやっていて、特に覚醒(かくせい)剤についてはやめるのが大変だと言っていました」

弁護人「初めてクスリの話をしたのはいつですか」

被告「初めて食事に行って、その次に行った店です」

弁護人「どんな(種類の)クスリの話をしましたか」

被告「MDMAやコカインです」

弁護人「田中さんはどんなルートで入手したと言っていましたか」

被告「いろんなルートがあるようでしたが、詳しくは聞いていません」

弁護人「田中さんは暴力団との付き合いについて何か言っていましたか」

被告「いろいろかわいがってもらっていると言っていました」

弁護人「背中の入れ墨については何と言っていました?」

被告「昔、暴力団と付き合っていたころに入れたと言っていました」

弁護人「田中さんとどれくらいの回数、セックスをしましたか」

被告「5回くらいです」

弁護人「セックスの最中にクスリは使いましたか」

被告「はい」

弁護人「(事件当日の)21年8月2日より前に田中さんとクスリを使ったことはありましたか」

被告「あります」

弁護人「8月2日より以前に田中さんがクスリを持ってきたことはありますか」

被告「あります。コカインやMDMAを持っていました」

弁護人「クスリは錠剤でしたか。粉末でしたか」

被告「錠剤だったことも粉末だったこともあります」

弁護人「あなたの方でクスリを用意したことはありますか」

被告「あります。粉末のMDMAです」

 弁護側は事件当日に服用したMDMAは田中さんが持参した錠剤タイプだったと主張しており、押尾被告はこれまで用意したMDMAはあくまでも粉末だと強い口調で述べた。

⇒(7)「次はクスリ使ってしようよ」居酒屋で決まったドラッグセックス