×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(2)「自分を中心に円が広がるように人が逃げた」 途切れがちの記憶だが…

男性弁護人が、加藤智大(ともひろ)被告(27)に犯行状況について詳細に尋ねていく。加藤被告は現場となった東京・秋葉原の交差点にトラックで突入した後、車から降りて周辺にいた人々を次々とナイフで刺した。最初に刺した記憶があるのは「白い服を着た人」だったという。

弁護人「どのように刺したのですか」

加藤被告「ナイフを持ったまま走っていき、白い服を着た人の左側を駆け抜けざまに、右腕をぶつける感じで刺しました」

弁護人「そのとき、あなたは立ち止まりましたか」

加藤被告「いいえ、駆け抜けざまにという記憶です」

弁護人「白い服の人のどこを刺したのですか」

加藤被告「当時の記憶では、背中のやや低い部分であったように思います」

弁護人「トラックで交差点に進入するときは躊躇(ちゅうちょ)しているのに、人を刺すときにためらいはなかったのですか」

加藤被告「いや、なかったです」

加藤被告は前日の被告人質問で、犯行当日、現場にレンタカーで進入しようとしたが3回躊躇し、4回目に意を決して突入したことを明かしている。そのときの心境については「この先、自分の居場所がどこにもない。結局やるしかないのかと考えた」と説明していた。しかし、人を刺す瞬間はためらいを感じることはなかったという。

弁護人「この人を刺した後はどうしましたか」

加藤被告「ここでいったん記憶が途切れ、その先はちょっと分からないです」

弁護人「その次に覚えていることは?」

加藤被告「青いシャツの警察官のような人がしゃがんで、こちらに背を向けたときに刺したことを覚えています」

弁護人「それは誰のことですか」

加藤被告「今は○○さん(法廷では実名)と聞いて知っています」

弁護人「どうして、その青いシャツの人が警察官のようだと思ったのですか」

加藤被告「青いシャツに反応したところがあると思います。刺す直前か刺した直後かはっきりしませんが、『警察官はまずい』『警察官に危害を加えてはいけない』と思った記憶があります。このまま刺してしまって、これが警察官だったらいけないと思っていました」

弁護人「どうして、警察官はまずいと思ったのですか」

加藤被告「どうして警察官だといけないのかは分からないですが、なぜか思いました」

弁護人「白い服の人を刺してから、青い服の人を刺すまでの記憶はありますか」

加藤被告「記憶はないです。白い服の人を刺した後は、警察官のような人がしゃがんでいるのが見えました」

弁護人「そのとき、青い服の人との距離はどのくらいありましたか」

加藤被告「1メートルか2メートルぐらいだったと思います」

弁護人「その人はどうやって刺したのですか」

加藤被告「背中の左上の方を狙いました。腕はひじを伸ばして固定するような感じで、走りながら青いシャツの人の左後ろの方に近づき、急停止をして、腕は少し引いて、そのまま腕をふるような感じで、ナイフを前に出して刺したと思います」

警察官を刺した瞬間について、加藤被告は詳細に説明した。

弁護人「そのときは立ち止まったんですね?」

加藤被告「急に止まった覚えがあります。なぜなのかはよく分かりませんが、止まりました」

弁護人「その後はどうしましたか」

加藤被告「またそこで記憶が途切れ、よく分かりません」

弁護人「その後の記憶は?」

加藤被告「順番がはっきりしませんが、『逃げろ、逃げろ』と大声で叫んでいる人がいたのと、自分を中心に円が広がっていくように人が逃げていったのを覚えています」

休日の歩行者天国で突然起こった惨劇に、周囲はパニック状態となった。現場に居合わせた目撃者らは、法廷で「クモの子を散らすように、みんな逃げていった」と証言している。

加藤被告「その後、白い服の人を刺しました」

弁護人「それは誰ですか」

加藤被告「当時はそういう記憶があったのですが、今となっては誰か分かりません。開示された証拠で、(被害者の)着衣の写真などを見ましたが、一致するものがありませんでした」

弁護人「その中にいるとすれば、誰ですか」

加藤被告「可能性としては、Kさんなのではないかと、そう思っています」

Kさんは背中を刺され、全治2カ月の重傷を負っている。

弁護人「どうして、記憶が(証拠と)一致しないのでしょうか」

加藤被告「刺したときと逃げている人を見たときの記憶が一緒になってしまっているんじゃないかと思います」

弁護人「それ以外に、具体的に誰かを刺した記憶はありますか」

加藤被告「それ以外はありません。もう少し、何人かは刺している感じがありますが、どこでどういう人を、という記憶はありません」

しかし実際には、加藤被告にナイフで刺されるなどして17人が死傷している。弁護人が他の被害者の名前を挙げ、「あなたが刺したことに間違いはないですか」と問うと、加藤被告は「はい。間違いないです」と答えた。

弁護人「その次はどのような記憶がありますか」

加藤被告「警察官に左の額を警棒で一発殴られた記憶があります」

弁護人「その警察官は誰ですか」

加藤被告「自分を現行犯逮捕した警察官です」

弁護人「殴られる直前は何をしていたのですか」

加藤被告「覚えていません」

弁護人「目撃者は、チャンバラのようにしていたと(法廷で)話していましたが、そういう記憶は…」

加藤被告「記憶はないです」

証人として出廷した目撃者は、被告は手に持ったナイフで、警棒を持った警察官とチャンバラのような“立ち回り”をしていたと証言している。

弁護人「殴られてからはどうしましたか」

加藤被告「私は後ずさりし、警察官と向かい合ったまま、後ろ向きに路地に入っていきました」

⇒(3)「ナイフ捨てろ」に「ん?」 逮捕の瞬間「気づいたら地面」