×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3回公判(2008.5.8)

 

(5)「どないすんじゃい」と暴力団が恫喝 1000万受け取る被害者

羽賀被告

 論告は医療関連会社の倒産後、知人男性が羽賀被告に損害の返還を求めていく経緯の説明に入った。男性が当初、4億円の返済を強く求めるメールを送っていることを指摘した。

検察官「男性が羽賀被告から何が何でも4億円を取り立てようという意図を持っていたことが一目瞭然(りょうぜん)だ」

 その根拠として、知人男性が羽賀被告に返済を求めるメールを執拗に送っていたことや、弁護士を介した和解案が不調に終わっていることを例に上げた。検察官は羽賀被告に視線を向けた。

検察官「羽賀被告も4億円の返済を求められていたことを認識していたことは明らかだ」

 羽賀被告はうつむいたまま表情を変えない。一瞬、間を置いて検察官は平成18年6月7日、大阪市内のホテルのラウンジで起きた恐喝未遂事件の全容について語り始めた。

検察官「男性は『羽賀被告が全額弁済するから』とのうその電話で大阪市内のホテルに呼び出された。(1000万円で羽賀被告への債権を放棄するとの)確認書を見せられ、『これでは話が違う』と署名を拒否するが、暴力団関係者Aが2〜3分間にわたってにらみつけ、『どないすんじゃい』とすごんだ。その様子について、顧問弁護士も『異様だった』と話すなど、男性が恐怖感を感じていたのは明らかだ」

 渡辺(二郎)被告は前に組んだ手の親指をもぞもぞと動かして落ち着かない様子。検察官は事件の描写を続けていく。

検察官「たまりかねた男性は、確認書の左上隅にライターで火をつけた。しかし男性が確認書が焦げたことを顧問弁護士に告げると、顧問弁護士はもう1通の確認書を取り出した。男性はそれに署名すると1000万円を受け取った」

 手を前に組んで、表情を変えない羽賀被告。羽賀被告が当時、ホテルの現場にいなかったことは明らかになっている。公判でも自らの債務圧縮に向けて、渡辺被告や暴力団関係者Aらに男性を脅すよう頼んだことなどは一切ない−と主張している。続いて、論告は渡辺被告に関する恐喝未遂罪に言及を始めた。

⇒(6)「今終わった」「今度飲みに行きましょう」…羽賀被告の依頼は明白と主張