×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(3)遺体発見、義母の問いに「夫とは違う」

祐輔さんの実母に対する検察側の証人尋問が続く。言葉に詰まる場面も多くみられる。

検察官「8月5日について聞きます。祐輔さんと被告の仲裁のため電話をかけたようですが、離婚をすすめましたか」

証人「別れたほうがいいと言いました」

検察官「被告とも電話で話しましたね」

証人「出て行くと言っていたので、離婚するのだと思いました」

検察官「祐輔さんと最後に会ったのは、祐輔さんが出張で九州に来た18年2月28日ですね」

証人「そうです」

検察官「このとき祐輔さんはマンションを購入すると言っていましたか」

証人「マンションを貸して利ざやでもうけたいと言っていました」

この後、祐輔さんが行方不明になった後の状況についての質問に入った。

検察官「祐輔さんの行方不明を知ったのは18年12月15日の上司からの電話ですね」

証人「はい」

検察官「被告には確認をしましたか」

証人「はい」

検察官「渋谷で男性の上半身の遺体が発見されたのは知っていましたか」

証人「はい」

検察官「被告にも問い合わせましたね」

証人「はい」

検察官「被告から聞かされたことは」

証人「祐輔とは違うと言っていました」

検察官「被告はなんで違うと知っていたのですか」

証人「警察に問い合わせて確認したと言っていました」

検察官「バラバラにして捨てていた犯人が被告と聞いて、どう思いましたか」

証人「ただもう…」(と言葉を詰まらせた)

⇒(4)母「殺すなら別れればいいのに」