×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(3)「セックスするつもりで来たのか」 抱きついた知人女性に責められて…

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた加藤智大(ともひろ)被告(27)。男性弁護人による被告人質問が続いている。

福岡へ旅行した加藤被告。誕生日に自殺するために故郷の青森へ戻ってきたが…。

弁護人「青森へはいつ戻ってきたのですか」

加藤被告「9月の26か27日に予定通り戻ってきました」

弁護人「自殺する予定は変わらなかったのですか」

加藤被告「やはり予定通り自殺すると考えていました」

弁護人「誕生日の9月28日にですか」

加藤被告「はい」

自殺を決意していた加藤被告の心を動かしたのは1通のメールだった。

弁護人「なぜ自殺しなかったのですか」

加藤被告「メールがきました。兵庫の女性からです」

弁護人「どんな内容だったのですか」

加藤被告「20歳になったら遊びに行くよ、という内容でした」

弁護人「自殺する気持ちはどうなりましたか」

加藤被告「彼女は19歳だったので、20歳になったら、というのは半年後なので、それまでは死ねないので自殺は保留するということです」

弁護人「保留とはどういうことですか」

加藤被告「それまでは自殺しないことになったということです」

男性弁護人は、加藤被告の表情に気を配りながら質問を続けた。

弁護人「(旅行以降も)地元で過ごすことになったのですか」

加藤被告「はい」

弁護人「地元での付き合いはどうですか」

加藤被告「福岡でダーツを覚えたので、高校時代の友人をダーツに連れて行ったりしました」

弁護人「ダーツ以外はどこかに遊びに行ったり、家に来てもらったりはしましたか」

加藤被告「はい。私の部屋に来てもらって遊んだりはしました」

弁護人「旅をする前に運送会社は辞めたんですか」

加藤被告「はい」

弁護人「仕事はどうしたのですか」

加藤被告「自殺をやめたので、探したのですが、うまく見つかりませんでした」

弁護人「運送会社に戻ろうとは思わなかったのですか」

加藤被告「辞め方がまずかったので、戻してくれとお願いするわけにはいきませんでした」

弁護人「運送会社の同僚とはどうなりましたか」

加藤被告「その後、飲み会に誘ってもらいました」

弁護人「家族との関係はどうなりましたか」

加藤被告「平成19年の夏ごろ、家を出されてからは親との接触はありませんでした」

弁護人「旅から戻ってきてからも?」

加藤被告「はい」

落ち着いた口調で加藤被告は淡々と答えていく。

弁護人「自殺するという考えはどうなりましたか」

加藤被告「その後再び考えるようになりました」

弁護人「どうしてですか」

加藤被告「(メールをくれた)彼女が19歳ではなくて、18と判明しまして、彼女が会いに来るのは1年半後になると、そんな先の約束なんか分からない、というので、自殺を思いとどまる理由にはならなくなったからです」

弁護人「自殺方法は考えましたか」

加藤被告「東京の中央線に飛び込んで自殺する方法を考えました」

弁護人「どうして自殺しようと思ったのですか」

加藤被告「覚えていません」

弁護人「具体的にいつごろに自殺とか考えましたか」

加藤被告「時期までは決めていませんでした」

弁護人「その後どう過ごしましたか」

加藤被告「月末に群馬の女性のところに行きました」

加藤被告は背筋を少し丸め、証言台のマイクに向かって話し続けた。

弁護人「どうして群馬の女性のところに行くことになったのですか」

加藤被告「群馬の女性の家の近くのラーメン屋さんが閉店するので、食べに行くというのがきっかけです」

弁護人「彼女と別れた後はどうするつもりでしたか」

加藤被告「予定通り、東京の中央線を目指すつもりでした」

群馬の女性の元を訪れた加藤被告。東京での自殺を考えていたため、故郷の青森には戻るつもりはなかったという。

弁護人「(群馬では)どうやって過ごしていましたか」

加藤被告「前回同様、普通に遊んでいました。ゲームセンターに行ったりショッピングセンターに行ったりしました」

弁護人「夜はどう過ごしましたか」

加藤被告「彼女の部屋で、酒を飲みながら話をしていました」

弁護人「翌日は?」

加藤被告「掲示板の住人がもう1人いまして、合流することになりました」

弁護人「夜はどう過ごしましたか」

加藤被告「3人でお酒を飲みながら過ごしていたように思います」

弁護人「どんな話をしましたか」

加藤被告「よく覚えていません」

弁護人「夜はどうなりましたか? 3人で泊まることになりましたか」

加藤被告「はい」

加藤被告は、言葉に詰まることもなく、よどみなく答えていく。

弁護人「泊まってからはどういうことがありましたか」

落ち着いて証言していた加藤被告だが、一瞬の間を取って続けた。

加藤被告「その夜、私が甘えるようなかたちで、彼女のおなかのあたりに抱きつくことがありました」

弁護人「その後どうなりましたか」

加藤被告「彼女から激しく拒絶する感じがありました」

加藤被告は、弁護人に促されるままに続けた。

加藤被告「とにかく、いけないことをしたんだと分かりまして、気づいたら、どこかのコンビニの駐車場にいました」

その後、加藤被告は女性の部屋に忘れ物を取りに行くことになったという。

弁護人「彼女から何と言われましたか」

加藤被告「『私とセックスするつもりで来たのか』と責められました。『そうではない』と答えました」

弁護人「信じてもらえましたか」

加藤被告「いいえ、聞いてもらえませんでした」

弁護人「それからどうしましたか」

加藤被告「仕方がないので、自殺するため上京する途中で寄ったと話しました」

弁護人「彼女からどう言われましたか」

加藤被告「自殺なんか、考えていないで、私に悪いと思っているなら、青森に帰って、ワンピースでも買ってくれたら許してあげる、と言われました」

弁護人「それでどうなりましたか」

加藤被告「彼女は自分が強姦されそうだったと(言っていましたが)、でも私は強姦するつもりではなく、事実ではないことで責められましたが、表面上は了承するにとどまりました」

女性から強姦しようとしたという“誤解”を受けたと感じた加藤被告。その後、女性とは連絡を絶ったという。

⇒(4)「肩の力を抜いて」 自殺思いとどまらせた警察官の言葉に涙