×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(2)「付き合うってなんですか」「ハグする関係…」疑問抱き、被告から逆質問

平成19年3月に英国人英会話講師のリンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死、死体遺棄の罪に問われた無職、市橋達也被告(32)の裁判員裁判の論告求刑公判は、市橋被告への検察側の被告人質問が続いている。

男性検察官は市橋被告が出版した手記についての質問を続ける。市橋被告はこれまでの公判で「印税を被害弁償に充てたい」と述べているが、リンゼイさんの父親のウィリアムさんは「娘を殺しておいて、それをネタに金を稼いでいる。一銭もほしくない」と強く反発している。

検察官「書く前に、遺族が書いてほしいと思っているか確認していますか」

市橋被告「確認していません。弁護士の先生にも(書くことを)反対されました。申し訳、ありませんでした…」

市橋被告の「はぁ、はぁ…」という荒い息づかいが響く。

検察官「裁判が終わった後に出版するということは考えなかったのですか」

市橋被告「できる限り早く、(印税を払うことで)責任を取りたくて…。それだけを思っていました」

検察官「親に被害弁償を頼もうとは考えなかったのですか」

市橋被告「私は前の事件で親にお金を出させて…」

この日の公判で、市橋被告が26歳のとき、漫画喫茶で落ちていた財布を盗もうとした際、見とがめた人ともみ合いになり、相手を負傷させて逮捕された過去が明らかにされている。

市橋被告「被害者の方に示談をしてもらいました。刑務所に入りませんでした。私はそのときにもう悪いことはしないと思ったけど、甘かったぁ…」

「そういう気持ちが今回の事件につながった面もある。私はもう親に頼ることは、絶対にしたくはありませんでした。だから取れる責任は、自分ができる責任はなるべく早く果たしたいと考えていました。しかしそれは浅はかでした。申し訳ありませんでした」

女性通訳が傍聴するリンゼイさんの両親のために英語に通訳している最中、依然として荒い市橋被告の息づかいが法廷内に響く。ここで検察官が、リンゼイさんの両親の男性代理人弁護士による被告人質問を求め、堀田真哉裁判長は「15分程度に収めてください」と許可した。

代理人弁護士「漫画喫茶の事件で示談の金額はいくらでしたか」

市橋被告「分かりません。教えてくれませんでした」

代理人弁護士「聞かなかったのですか」

ここで市橋被告の弁護側が「すでに検察官が聞くなどしており、適切ではない」と異議を唱えるが、検察側は「質問内容は重複していない」と応酬。堀田裁判長は左陪席と右陪席の裁判官と話し合い、「検察側の質問と重複しない範囲で質問を許可します」と注文した。代理人弁護士は堀田裁判長に深く一礼してから質問を再開する。

代理人弁護士「逃走中、『(捕まったら)死刑になる』と思っていたということですが、殺すつもりがなかったのにどうして死刑になると思ったのですか」

市橋被告側は「殺意はなかった」と訴えており、裁判では殺意の有無が最大の争点となっている。

市橋被告「私はリンゼイさんの命を奪ったからです」

代理人弁護士「事件当時、交際していた女性がいましたが、付き合うようになったきっかけは何ですか」

市橋被告「性格が合ったからです」

代理人弁護士「彼女に近づくとき、似顔絵を描いたのではないですか」

市橋被告はリンゼイさんと初めて会ったとき、リンゼイさんの似顔絵を描いている。代理人弁護士は市橋被告が女性に接近する手段として、似顔絵を使っていたとみているようだ。

市橋被告「似顔絵を描いたことは何度もあります」

代理人弁護士「その彼女のことは置いておいて、ほかの女性に似顔絵を描いたことはありましたか」

市橋被告「女性にも、男性にも、友達にも、知り合いにも、先生にも、知り合った人には何枚も描いています」

代理人弁護士は通訳を行う女性通訳の顔と、法廷内の時計を交互に見つめる。残り時間をかなり気にしている様子だ。

代理人弁護士「女性に限ったら、外国人も含まれますか」

市橋被告「含まれています」

代理人弁護士「何人くらいの外国人女性に似顔絵を描きましたか」

市橋被告「外国でホームステイしたときに…」

代理人弁護士「いやいや、日本の話」

腕を組み、いらだった表情で市橋被告を見つめていた代理人弁護士は割り込んだ。

市橋被告「何枚か描いています」

代理人弁護士「その中で連絡先を聞いた人はいますか」

市橋被告「ありません。リンゼイさん、リンゼイさんから…」

代理人弁護士「はい、ないということで結構です。あなたは外国人女性と付き合ったことはありますか」

市橋被告「付き合うということはどういうことですか」

逆に質問をする市橋被告だが、少し間を置いて「ちょっと待ってください」と言葉を続けた。

市橋被告「さっきの質問ですが、私は私が日本語を教えて、英語を教えてもらう仲の白人女性がいました。その人から連絡先を教えてもらっています。すみません」

代理人弁護士「付き合うという言葉の意味ですが、あなたの言葉でいうなら『親密な付き合い』ということです」

市橋被告はこれまでの公判で、事件当日にリンゼイさんを自宅マンションに連れ込む直前の心境について「このままリンゼイさんと親密な関係になれたらいいな、と勝手に思っていました」と述べている。

市橋被告「親密な関係とはハグする関係の…さきほどの女性とはハグしたり、抱き合ったりする関係でした。肉体関係はありませんでした」

代理人弁護士による被告人質問が終わり、弁護側が被告人質問で漫画喫茶の事件が不起訴処分になったことなどを確認。堀田裁判長が休廷を宣言した。

⇒(3)裁判員から逃亡生活に質問相次ぐ 千葉→青森→四国の遍路道 整形は自分でも