×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第23回公判(2012.2.17) 【被告人質問】

 

(9)援助は総額1億円 「もらいすぎとは思わない」「抵抗感なし」

木嶋被告

 首都圏の連続殺人事件で練炭自殺に見せかけて男性3人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)に対する裁判員裁判の第23回公判(大熊一之裁判長)がさいたま地裁で続いている。

 弁護側は、木嶋被告の“本命”とされた○○さん(法廷では実名)との関係を質問していく。○○さんと木嶋被告は平成10年に知り合い、関係を深めていった。

 木嶋被告は、○○さんが飲むための精力剤を被告自身がすり鉢やすりこぎなどを使って調合していたエピソードなどを明かした。

 しかし、○○さんと交際するうちに、○○さんの「モラルハラスメント」(木嶋被告)が原因で、気持ちが徐々に○○さんから離れていったという。

弁護人「○○さんについて、どういう点が『モラルハラスメント』と思ったのですか」

被告「具体的には難しいのですが、自己主張が強く、他人に厳しいところがありました」

弁護人「○○さんにはそのことを言ったのですか」

被告「言いましたが、笑っていて、『大げさに考えすぎだ』と言っていました」

弁護人「○○さんと結婚するつもりはあったのですか」

被告「ありませんでした。平成19年ごろ、彼は強く結婚したいと言ってきましたが、『モラルハラスメントを治してから』と結婚には応じませんでした」

弁護人「そして平成20年5月に、インターネット上の結婚情報サイトに登録したのですね」

被告「はい」

 事件の発端ともされる婚活サイトへの登録は交際相手への失望からだったことが明らかにされた。

 「○○さんが本命で、他の男性とは結婚を考えていなかったため詐欺が成立する」という検察側の構図を崩そうとしているのだろうか。

 10分の休憩を挟み、弁護側の質問は再び、パトロンだった●■さん(法廷では実名)との関係について質問に移った。この男性はリサイクルショップを経営し、平成14年から19年に70歳で死亡するまで5年間にわたり、木嶋被告に約7400万円を資金援助した。

弁護人「記録によると、●■さんからは平成17年に1523万円、平成18年に2081万円の援助を受けているが、間違いないありませんか?」

被告「はい」

弁護人「さらに援助とは別に、給料や当初の生活資金を現金でもらっていたのですか」

被告「はい」

弁護人「記録によると、5年間で7380万円が送金されていたということですが、受け取った額はさらに増えるのですね」

被告「はい。1億円近くになると思います」

弁護人「もらいすぎだとは思わなかったのですか。毎月、高額の援助を5年間も受けていたら、大変な額になると分かっていたと思いますが」

被告「目黒に住んでいた当時は家計簿を付けていましたが、板橋に移ってからは家計簿を付けることなどはしていなかったので、いくら使ったのか考えたこともありませんでした」

弁護人「金銭感覚がおかしくなっていたとは思わないのですか」

被告「当時は●■さんも納得していた面があり、『なぜこんなによくしてくれるのだろう』とは思いましたが、もらいすぎとは思いませんでした」

 1億円近くの援助を受けても「相手も納得していたのでもらいすぎとは思わない」−。この言葉に、法廷中の視線が木嶋被告に集まる。弁護人でさえ、信じがたいというような顔つきになった。そんな中、木嶋被告は、その理由について説明を始めた。

被告「●■さんは『あなたには振り回されっぱなしだが、自由奔放なところなど普通の女性にはない魅力がたくさんある。直す必要もない。自分も楽しんでいる部分もあるから』などとおっしゃっていた。こういう魅力は、ほかの男性も言ってくれ、私の自信になっていました」

弁護人「ほかの男性というのは、愛人契約やデートクラブなどで、セックスの対価に報酬を受け取っていた男性のことですか」

被告「そうです」

弁護人「そういった男性とはセックスをして報酬を受け取っていましたね。しかしあなたは大金を援助してくれた●■さんとは肉体関係はなかったとおっしゃっています。本当ですか」

被告「一度もありませんでした」

弁護人「本当ですか」

被告「一度もありません」

 同じ質問が繰り返されたことで、木嶋被告は少しいらついた様子を見せた。弁護人はなお釈然としない様子で、質問を続ける。

弁護人「それにしても金額が大きすぎる。まずいと思ったことは当時なかったのですか」

被告「まずいとは思わなかった。どうしてこんなによくしてくれるんだろうとは思いましたが」

弁護人「もう一度聞きますが、●■さんはあなたに何とおっしゃっていたのですか」

被告「自由な価値観を持っているのは良いことだと言ってくれました」

弁護人「本当に、もらいすぎと思わなかったのですか」

被告「私といると●■さんは幸せそうで、抵抗感はありませんでした」

 改めて明らかになった木嶋被告の金銭感覚の欠如。質問は●■さんが死亡する場面へと移っていった。

⇒(10)最後の20万円に「いよいよだな」 次はキャンセル待ちの愛人や出会い系