×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第7回公判(2010.9.14)

 

(5)「興奮を高めようとしていた」 「すぐいる?」メールの意味を説明する弁護人

押尾被告

 弁護側の最終弁論が続いている。一緒に合成麻薬MDMAを服用し容体が悪化した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)は、正面を見据えたまま男性弁護人の言葉に耳を傾けている。

 男性弁護人は手元の資料に目をやりながら、押尾被告と田中さんがやり取りした「来たらすぐいる?」というメールについて、説明している。押尾被告は発想が英語的で、男女の愛情表現のようなものだったと主張している。

弁護人「言葉遊びのようなもので、興奮を高めようとしていたと考えられます」

 また、押尾被告のドラッグセックスの相手として、今回の公判で証言に立ったKさんの証言についても、「信用性は低い」とした。

弁護人「処分を頼まれたという泉田証言も信用できません」

 泉田とは、押尾被告にMDMAを譲渡したとして、麻薬取締法違反罪で実刑が確定している泉田勇介受刑者(32)のことだ。

弁護人「泉田氏は、押尾被告から処分を依頼された空カプセルの袋は破れていたと証言していますが、袋はジップロック式で、袋が破れているというのは不自然です」

 次に男性弁護人は、保護責任者遺棄致死について弁論を進めた。

弁護人「田中さんは『新作の上物』を持参しました。押尾被告と田中さんは、互いに薬物を持ち寄り、セックスをする関係でした」

「事件当日の8月2日は、押尾被告が持参したクスリは使われず、田中さんが持参したクスリを2人で使用しました」

 向かって左から3番目に座る男性裁判員は宙を見つめ、考えをめぐらせるようなそぶりで弁護人の言葉に耳を傾けている。

弁護人「田中さんは、自発的にMDMAを服用しました。押尾被告に保護義務は発生しません」

 男性弁護人は、押尾被告とドラッグセックスをしたことがあるとして、今回の公判でも証言に立ったEさんの証言についても、『2回目の服用で気絶したにもかかわらず、3回目も飲んでいる』などと指摘し、証言の信用性が低いと訴えた。

 また、弁護側は押尾被告の不保護(遺棄)もなかったと主張している。田中さんがMDMAの服用後、ぶつぶつ独り言を言い出してから死亡するまでは、数分から長くて10分程度だったと指摘。

弁護人「押尾被告が田中さんにした心臓マッサージや人工呼吸も、適所適切なものでした」

 押尾被告は室内に設置されていた非常用ボタンの説明も受けていなかったと述べた。

 また、田中さんの容体変化に関する押尾被告の調書も、任意性、信用性はないと訴える。

弁護人「(映画の)『エクソシスト』や『呪怨(じゅおん)』の一場面を添付した調書について、押尾被告は署名を拒否しています。こうしたことは、検察官の著しい誘導があったことを示唆しています」

「また、押尾被告は連日にわたり長時間、長期間の調べで疲弊しきっていた時期でもあります」

 押尾被告は身じろぎすることもなく、男性弁護人の言葉にじっと耳を傾けている。

 続いて弁護人は、田中さんの救命可能性が低かったことに言及した。

弁護人「検察側は検証で、119番通報から病院への搬送まで約22分かかったと主張していますが、実際はもっとかかる可能性があります」

 弁護側は119番通報から病院搬送まで31〜33分かかったと主張し、救命が可能とはいえないことを説明していった。

⇒(6)「保護責任者遺棄罪も成立しない」一気にまくし立てる弁護人