×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(6)「どこにいました?」「どこですか?」 微妙な位置関係を追及する弁護人

事件現場を目撃した男性に対する弁護側の証人尋問が続いている。弁護人は証人の証言内容に疑問点がないかどうかを確認するためか、証人が目撃した事件の経緯について順番に一つ一つ質問を続けていく。

弁護人「(D)さんの話になりますが、トラックから降りてきた人は、走りがけに(D)さんにぶつかっていったのですか」

(D)さんとは、「加藤智大(ともひろ)被告(27)が突き飛ばしたように見えた」と証人が表現している被害者の1人だ。

証人「トラックから降りてから走り出し、そのまま(Dさんに)ぶつかったように見えました」

弁護人「(D)さんが横たわっていたときに、トラックから降りてきた男はどこにいたのですか」

証人「交差点の方に走り去っていきました」

弁護人「トラックから出てきた男はどのような表情でしたか」

証人「そこまで見えませんでした」

弁護人「トラックから降りてきた男は、声はあげていましたか」

証人「そこまで認識していませんでした」

弁護人「あなたは調書で『トラックから降りて走っていった男を警察官が追っていった』と話していますね?」

証人「はい」

弁護人「最初、警察官はどの位置にいたのですか」

証人「私が見たときは、私がいた位置よりもっと後ろの方にいました」

弁護人に促され、証人は弁護人が用意した現場交差点付近の地図を使いながら説明を続ける。

弁護人「そのとき、トラックから降りてきた男はどこにいましたか」

証人「交差点の方に(走って)行っていました」

弁護人「(D)さんと(刺されて)座り込んでいた(E)さんを見た順番はどうでしたか」

証人「(D)さんの方を見てから交差点を見て、振り返ったら(E)さんがいました」

弁護人「(質問を)終わります」

その後、地図の内容について微調整が行われた上で証人が退廷。その際も傍聴席から証人の姿が見えないように遮蔽(しゃへい)措置が取られた。加藤被告はやや背中を丸めた姿勢で、身動きせずに一点を見つめたままだ。

裁判長「本日の予定していた証拠調べを終了します」

次回公判は3月9日午後1時半から、同じく東京地裁104号法廷で開かれる。被害者2人の証人尋問などが行われる予定だ。

⇒第4回公判