×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(3)「人がトラックにひかれ転がり…」 衝立の向こうで語られる生々しい証言

約15分の休廷を挟み、午前11時10分から再び開廷した法廷には、高さ約180センチの灰色の衝立が置かれ、証人席は見えない。裁判長に入廷を告げられて黒いスーツに身を包んだ加藤智大(ともひろ)被告(27)が左の扉から入り、続いて、秋葉原無差別殺傷事件を目撃した証人が向かって右側の扉から入る。

証人の姿は一切見えないが、宣誓を読み上げる声から若い男性が遮蔽(しゃへい)の向こう側にいることが分かる。検察官による証人尋問が始まった。

検察官「平成20年6月8日に起きた秋葉原での殺人事件の目撃者ですね?」

証人「はい」

検察官「証人はこの日、なぜ、秋葉原に来ていたのですか」

証人「テニスサークルで使うテニスのガットを張るために来ていました」

検察官「1人で来ていたのですか」

証人「サークルの友達と一緒でした」

検察官「当時、どこにいましたか」

証人「マクドナルドの反対側の道路にいました」

検察官「この地図に、いた場所を書き込んでもらえますか。○印をつけてください」

衝立の向こう側で、検察官が事件現場の地図を証人に示しているようだ。

証人「はい…」

検察官「マクドナルドの位置も書いてください」

証人「はい」

検察官と証人のやりとりに、村山浩昭裁判長が「書き込んだら、こちらに見せてください」と告げた。一方、加藤被告も手元にあるノートに何かを書き込んでいるかのようにペンを走らせていた。

検察官「では、何を目撃したかを聞いていきます。最初に何があったのですか」

証人「『ガシャン』という音が聞こえ、その方向に振り向きました」

検察官「どこから聞こえましたか」

証人「交差点の方です」

検察官「どんな光景が見えましたか」

証人「トラックが猛スピードで走り、2、3人がはねられていました」

検察官「トラックはどの方向からどの方向に走っていましたか」

証人「西から東です」

検察官は証人に、地図上にトラックの走行する方向と位置を書き込むよう促す。証人が書き込んだ印は法廷の両脇にある大型モニターに映し出された。

検察官「2、3人がはねられた状況を詳しく聞かせてください」

証人「トラックの北側と南側に一人ずつはね飛ばされているのが、影のようにみえました」

検察官「影のように、ですか」

証人「はい。一瞬の出来事で、影のように見えました」

検察官「それが人だと分かりましたか」

証人「はい」

検察官は、はね飛ばされた人の位置を地図上に書き込むよう証人に促した。A、Bの記号で書くように言われた証人は、ペンで書き込む。その状況が大型モニターで映し出された。

検察官「この2人以外に、トラックにひかれた人はいましたか」

証人「はい」

検察官「その人はどのようにひかれましたか」

証人「右前輪にひかれ、車の下にいました。うつぶせで上半身が見えました」

検察官「下半身は?」

証人「黒かったような…」

検察官「その人の体はどうなっていましたか」

証人「前輪でひかれ、体をくるくるさせながら、引きずられていました」

検察官「トラックはおかしな動きをしていませんでしたか」

証人「バウンドしたように走っていました」

検察官「なぜ、そう見えたのですか」

証人「人が後輪でひかれた際に、トラックがバウンドしたように見えました」

検察官「スピードはどうでしたか」

証人「40〜50キロぐらいだったと思います」

検察官「ブレーキをかける様子はありましたか」

証人「一切無かったです」

検察官「車輪にひかれた人はどうなっていましたか」

証人「うつぶせになったまま、ぷつりとも動かなかったです」

加藤被告は前方にいる検察官と手元のノートに交互に視線をやりながら、手に持ったペンで何かを書き込んでいるようだ。

検察官「ひかれた人はどんな格好でしたか」

証人「グレーの上着にジーンズをはいていたようなイメージです」

検察官「男性ですか?女性ですか?」

証人「男性でした」

検察官「年齢は?」

証人「自分と同じぐらいで…。20歳ぐらいに見えました」

検察官「その人は動いていない様子でしたか」

証人「はい」

検察官「その時、どう思いましたか」

証人「初めて見た光景で、少し気分が悪くなりました」

検察官「その人はどうなったと思いましたか」

証人「お亡くなりになったと思いました」

淡々と説明する男性の証人。その口からは凄惨(せいさん)な現場の状況が浮かび上がり、法廷は静まりかえっていた。

⇒(4)「フラフラでジグザグのように走っていった」 通行人を跳ねて車から降りた被告