×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(13)セレブ妻の「絶望」殺害の瞬間語る

引き続き、事件当日の出来事について質問が続く。祐輔さん殺害の瞬間に近づくにつれ、弁護側の質問のテンポは速くなる。歌織被告の声はだんだん小さくなる。

弁護人「祐輔さんは結局、何時ごろ帰宅したのか」

歌織被告「翌日(平成18年12月12日)の朝4時ぐらいに帰ってきた」

弁護人「祐輔さんが帰ってきてどのような会話をしたのか」

歌織被告「お互いにとても緊張していて、言葉を発することもできないような状態だった」

弁護人「その後、祐輔さんの行動は」

歌織被告「彼は帰宅してすぐ、洗面所で歯を磨いていた」

弁護人「あなたはどうした」

歌織被告「彼を黙って見ていた」

弁護人「あなたはそのとき何を考えていたのか」

はなをすすり、少し語気を強めながら口を開き始めた。

歌織被告「早く、早く離婚の話を切り出さないと…。このままではまた暴力が始まるかもしれない、と」

弁護人「その後、2人はどうしたのか」

歌織被告「彼がリビングにやってきたので、私は離婚の話を切り出して、離婚届をテーブルに置いた」

弁護人「そのとき祐輔さんの反応は」

歌織被告「離婚届を破って、『おれが浮気をしているというのなら、証拠を見せろ』といった」

弁護人「それであなたはどうした」

「あ…、あ…」とうまく言葉にできないような様子。

歌織被告「母に(浮気相手との会話を収めたICレコーダーのことは祐輔さんには話してはいけないと)電話で言われたことを思いだして、ICレコーダーのことを話したら絶対に危ないと思って、がまんしていた」

弁護人「祐輔さんはどうしたのか」

歌織被告「『またお前は…』と言って、そのまま寝た」

弁護人「それから」

歌織被告「彼が寝た後、キッチンに入った。そこで今までの彼との生活を思いだして…。やっぱり私はここにはいられない、と絶望的な気持ちになった」

犯行直前の気持ちを語った歌織被告。声はいっそう弱々しくなる。

弁護人「キッチンにはどれくらいの時間いたのか」

歌織被告「わからない」

弁護人「あなたはその後どうした」

歌織被告「ワインボトルを持ってリビングの方へ行った。リビングに行って、彼を殴った」

ついに祐輔さん殺害の瞬間を口にした歌織被告。表情はうかがえず、声は小さいままだが、あくまで淡々とした口調だ。

弁護人「それで、祐輔さんはどうした」

歌織被告「こっちに向かってきた」

弁護人「それをみてあなたはどう思った」

少し語気を強め。

歌織被告「怖い!と」

弁護人「それから」

歌織被告「彼が私の方に来たので、脇の方に逃げて、また彼を殴った」

弁護人「何発殴ったのか」

歌織被告「よく覚えてませんが…たくさん」

弁護人「その間、あなたはどんなことを考えていたのか」

歌織被告「覚えているのは『怖い』という気持ち」

弁護人「何発か殴った後、あなたはどうしたのか」

歌織被告「犬がいる部屋に移動した」

弁護人「祐輔さんが死んでいるのは確認したか」

歌織被告「してない」

弁護人「死んでいるのを確認したのはいつ」

歌織被告「どれくらいとき間がたったか分からないが、隣の部屋からのぞいた」

弁護人「どんな様子だったか」

歌織被告「動いていない状態だったので…」

午後1時37分、質問内容が祐輔さん殺害部分を終えたところでこの日は終了。次回の2月12日の公判でも引き続き、弁護側の質問が行われる。傍聴席の遺族はむせび泣き、ハンカチで顔をおおって立ち上がれない。歌織被告も泣きはらしたような目で、斜めにうつむいたまま退廷していった。

⇒第7回公判