×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(1)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第9回公判が24日午前10時、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった。

これまでの公判では、被害者6人、目撃者12人(遺族1人を含む)、捜査関係者2人の計20人が証言台に立ち、事件当時の惨状を詳細に語ってきた。今回は、加藤被告を取り押さえた警察官や、応援に駆けつけた別の警察官のほか、目撃者1人の計3人に対する証人尋問が行われる予定となっている。

前回公判では、加藤被告のトラックにはねられ、父親を失った長男が、被害者や遺族の供述調書の一部を弁護側が不同意にしたため、自身を含め多数の関係者が証人として出廷せざるを得なくなったことに言及。「不本意な形で出廷し、当日の忌まわしい記憶を呼び覚ましている」「裁判所に引きずり出したこと自体、傷口に塩を塗られているような感情だ」と弁護側の戦術を強く批判する場面もあった。今公判では、何が語られるのか。

法廷は、証人が別室で尋問に応じる「ビデオリンク方式」を行うため426号法廷が使われた第7回を除く、すべての公判で使われてきた東京地裁最大の104号法廷だ。これまではほぼ満席が続いてきた傍聴席だが、今回は雨のためか空席がちらほら見える。

傍聴人の入廷が終わり、午前9時59分、加藤被告が向かって左手の扉から法廷に姿を現した。いつものように黒のスーツに白いワイシャツ姿。やはりいつものように傍聴席に向かって一礼した後、向かって左手に位置する弁護人席の前の長いすに腰を下ろした。

裁判長「それでは、開廷します」

午前10時、村山裁判長は、午前中に1人の証人尋問と証拠の取り調べ、午後にはそれに関連した証人尋問を行うと告げた。

村山裁判長の指示で、証人が右手の扉から入廷してきた。スーツ姿のビジネスマン風の40代くらいの男性だ。加藤被告は背中を丸めて視線を落としたまま。偽証しないという宣誓書を読み上げた後、男性検察官が尋問を始めた。

検察官「あなたは平成20年6月8日、秋葉原で起きた事件の目撃者ですね」

証人「間違いありません」

起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか、10人にけがを負わせたなどとされている。

検察官「どうして秋葉原にいたのですか」

証人「仕事で近くで勤めていたからです」

検察官「事故のあった外神田3丁目の交差点近くのビルで勤めているということですね」

証人「間違いありません」

検察官「秋葉原で何年仕事をされているのですか」

証人「15、6年です」

検察官「それでは秋葉原の地理はよく分かっていますね」

証人「はい」

検察官「あなたは当日、何か音や異変を感じたそうですが、どんなことが起きたのですか」

証人「大きなドンという音がしたので、表に出ました」

ここで、検察官は事件現場の見取り図を大型スクリーンに映し出した。

検察官「あなたは勤務先の建物の外に出た後、交差点を見たということですが、まず何を見たのですか」

証人「交差点の中央のところで男の人が倒れていました」

検察官「その位置を赤ペンでマルAと書いてください」

証人は小さな文字でマルAと書いた。さらに自分のいた位置をマル(ア)と書いた。検察官は、文字を見やすくするため、画面を拡大した。

検察官「Aの男性はどんな様子でしたか」

証人「頭を北側に向けて倒れていました」

検察官「身動きや呼吸はしていましたか」

証人「いっさい身動きはしていませんでした。呼吸は確認できませんでした」

検察官「Aの男性を介抱していた人はいましたか」

証人「はい。女性でした」

検察官「女性はどんな服装でしたか」

証人「黄土色のTシャツを着た女性でした」

その後、女性は見取り図にマルDと書かれた。

検察官「交差点でほかに倒れていた人はいましたか」

証人「年配の人が倒れているのを確認しました」

証人は検察官に促され、見取り図にマルBと書いた。

検察官「男性ですか女性ですか」

証人「男性です」

検察官「身動きはしていましたか」

証人「していませんでした」

検察官「AとBを見て何が起きたと思いましたか」

証人「交通事故が起きたと思いました」

検察官「その後、現場の交差点で何が起きましたか」

証人「右(東側)の方から男の人が走ってきました」

証人は見取り図にマル1と書いた。これが加藤被告だ。

検察官「男の年齢や服装などについて覚えていることはありますか」

証人「薄いベージュのスーツで年齢は25、6歳でした」

検察官「若い男だったと」

証人「はい」

検察官「顔の特徴は?」

証人「眼鏡をかけていました」

検察官「A、Bの男性の方以外に印象的な方はいましたか」

証人「警察官がいました」

検察官「何をやっていましたか」

証人「男性が倒れていたので、どういう様子か確認していたと思います」

検察官「マル1の男はその後、どうしましたか」

証人「走ってきて警察官の方に突き上げるようにパンチするように見えました」

検察官「殴っているように見えたと?」

証人「はい」

検察官「警察官の体勢は?」

証人「座っていて立とうとした中腰でした」

検察官「男の動作をもう一度」

証人「パンチを下から突き上げるように。こういう風に…」

証人は右手で実際に再現してみせた。

検察官「あなたは今、右手でされたが、右手でいいのですか」

証人「はい」

検察官「ボクシングでいうボディー打ちみたいな感じですか」

証人「はい」

証人は緊張しているのか、しきりにハンカチで額の汗をぬぐう。加藤被告は相変わらず表情を変えないが、右ほおをポリポリとかいた。

検察官「その後、男はDの女性に近づいたということですか」

証人「はい」

検察官「Dの女性に何をしましたか」

証人「先ほどの警察官と同じようにパンチを突き上げるようなことをしました」

検察官「同じ右手ですか」

証人「はい」

検察官「女性はその後どうなりましたか」

証人「両手でおなかをおさえてひざまずくように倒れました」

検察官「警察官はどうなりましたか」

証人「同じく右手を腰に当てて倒れました」

証人は、その後、男がさらに交差点内で、別の男性に同じようにパンチを突き上げ、両膝から倒れた状況を証言した。

検察官「交差点にいた人の動きはどうでしたか」

証人「声までは覚えていませんが、一斉に逃げまどうのを確認しました」

その後、証人は加藤被告とみられる男を追いかける途中で、男が右手に黒いものを持っているのを確認したという。次に証人が目撃したのは、男と警察官が対峙(たいじ)した場面だった。

⇒(2)目撃者「まるで時代劇の立ち回り」