×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(8)「逃げろ!」の声で群衆走り出す 一緒にいた友人は帰らぬ人に

約20分間の休憩をはさみ、公判が再開された。加藤智大(ともひろ)被告(27)は傍聴席に向かって深々と一礼し、被告人席に座った。机の上に広げたノートに何かを書き付けた後、ノートを静かに閉じた。

この日最後の証人として出廷したのは、事件当日、友人とともに東京・秋葉原を訪れていた男性だ。男性の友人のJさんは、加藤被告にダガーナイフで胸を刺されて死亡した。

この証人についても衝立を置く遮蔽(しゃへい)措置がとられたが、マイクを通してはっきりとした声が聞こえる。男性検察官は「尋問予定時間は30分を予定しています。お付き合いをお願いいたします」と前置きすると、質問を始めた。

検察官「あなたは平成20年6月8日、事件現場の交差点にいましたね」

証人「はい」

検察官「このとき、この法廷でJさんと呼んでいる方…亡くなられましたが…この方と一緒でしたね」

証人「はい」

検察官「Jさんとはどのようなご関係ですか」

証人「昔の会社の上司と部下という関係でしたが、それ以降も友人関係にありました」

検察官「知り合ったのはいつごろですか」

証人「10年…、9年ぐらい前です」

検察官「会社では、Jさんはどのような立場だったのですか」

証人「社長でした」

検察官「どのような会社だったのでしょうか」

証人「IT業界の開発をする会社です」

検察官「会社はどのような状態になっているのでしょうか」

証人「(Jさんと証人が知り合った)数年後に解散という形になりました」

検察官「それでもJさんと付き合っていたのはなぜですか」

証人「会社を入ったときから、友人として付き合うようになっていました」

続いて検察官は、事件当日の行動について尋ねた。

検察官「事件当日のことについて教えてください」

証人「前日の夜にJさんから電話があり、『翌日の昼過ぎに友人も入れて遊びに行かないか』と言われました。それで(事件当日の)午前10時に、その友人と遊びに行くために秋葉原に行きました」

検察官「この日は、Jさんも含めて3人でいたのですか」

証人「いえ、午前中は私とJさんで秋葉原のパチンコ店にいました」

検察官「何時ごろまでそこにいたのですか」

証人「昼ぐらいです」

検察官「なぜそこを出たのですか」

証人「昼過ぎに別の友人と会う約束があったのと、『この台だめだ』ということで、昼ご飯を食べに行くことになったためです」

「台」とはパチンコ台のことを指すようだ。

検察官「あなたたちは事件当時、どのあたりにいたのですか」

証人「現場の交差点に向かって、中央通りを歩いていました」

検察官「どのようなことがありましたか」

証人「前方から『ドーン』という大きな音が聞こえ、われわれから見て左から右の方向に車が通りすぎました」

これまでの証言などで加藤被告はまず、トラックで現場となった外神田3丁目の交差点に突っ込んだとされる。証人が聞いたのは、トラックが人をはねた音のようだ。検察官に促され、証人は法廷内の大型モニターに映し出された現場の見取り図に、位置関係を記入した。

検察官「このとき、Jさんはどの位置にいましたか」

証人「私の右にいました」

検察官「あなたが見たのは、どんな車でしたか。あるいは、どんな大きさだったか覚えていますか」

証人「人よりも大きな車だな、という認識しか…」

検察官「他に見たものはありませんか」

証人「何か転がるものが見えました。車のところに」

検察官「それが何か分かりましたか」

証人「分かりません」

別の証人はこのとき、「車にはねられた人が宙を舞っていた」と証言している。

検察官「交差点付近はどのような様子でしたか」

証人「周りにいた人が交差点に集まって、ザワザワしていました」

検察官「何が起きたと思いましたか」

証人「ひき逃げかと思いました」

検察官「そう思ったのはなぜですか」

証人「そのまま車が通りすぎていったからです」

検察官「Jさんとはどんな言葉を交わしましたか」

証人「『すごい音だったね』『何だろう、ひき逃げかな』と。私の方から言いました」

検察官「それに対してJさんは何か言いましたか」

証人「…ちょっと覚えてないです」

検察官「結果的には、これがJさんと交わした最後の言葉になってしまったのでしょうか」

証人「…はい」

証人はあくまでも淡々と答えていく。加藤被告はメモする様子もなく、視線を下に落としたままだ。

その後、男性とJさんは交差点に近づいたが、人垣ができていたため、何が起きているかは分からなかったという。

検察官「その後、どんなことが起こりましたか」

証人「前方の交差点から大きな声で、『ナイフを持っているぞ! 逃げろ!』という声が聞こえました。その声とともに、私たちから見て人垣の左側の人たちがクモの子を散らすようにこっちに向かって逃げ出しました」

男性らが立ち止まっていると、人垣の奥からこちらに向かって走ってくる男の姿が見えたという。

検察官「男は手に何か持っていましたか」

証人「『ナイフを持っているぞ! 逃げろ!』という言葉から、ナイフだと思いました」

検察官「それでどうしましたか」

証人「私は逃げました。周りの人が逃げていたので、逃げなきゃと思いました」

検察官「どちらに逃げたのですか」

証人「左の方です。歩道のところにある吉野家(牛丼店)の2階に逃げ込みました」

検察官「ほかにも(店内に)逃げてきた人はいましたか」

証人「はい。結構いました」

検察官「そこにはどのくらいとどまっていたのですか」

証人「20秒…30秒くらいです」

検察官「その後、どうしたのですか」

証人「1階の人が外に出ていったので、私も出ました」

男性は外に出たところで、再び加藤被告とみられる男の姿を目にしたという。

検察官「男は何をしていましたか」

証人「警察官と対峙(たいじ)していました」

検察官「そのとき男はどうしましたか」

証人「警察官にナイフを突きつけたり、振り回したり、威嚇してるように見えました」

検察官「それに対して警察官は何をしていましたか」

証人「うーん…私の方向からは警察官は後ろからしか見えなかったので…」

検察官「男の服装や顔は見えましたか。どういう様子でしたか」

証人「髪が短く眼鏡をかけていて服はクリーム色っぽい上着を着ていました」

検察官「あとで警察署でたくさんの男の写真から犯人の顔を選びましたね? 選べましたか」

証人「はい」

検察官「左を見てください。そこに被告がいますが、犯人の男は被告で間違いないですか」

証人「はい」

検察官「なぜそう思いますか」

証人「顔つきですね。多少やせていますが、この男です」

検察官「同一か確認のために、ジャケットの写真を見てください」

法廷の大型モニターに、加藤被告が犯行時に着ていたクリーム色のジャケットの写真が映し出された。ジャケットには返り血がついている。

証人「はい。間違いないです」

検察官「被害者の姿は見ましたか」

証人「はい」

検察官「どこで見ましたか」

証人「中央通り沿いに倒れている人を見ました」

検察官「倒れている人の様子や服装は覚えていますか」

証人「青色のジーンズで、その人の周りで救助している人がいたので顔は見えませんでした」

検察官「ズボンの色からJさんと思いませんでしたか」

証人「そうかもしれないと思いました」

検察官「Jさんが亡くなったのはいつ知りましたか」

証人「翌朝のニュースで知りました」

検察官「親しかったあなたはJさんの目標などはご存じですか」

証人「もともと会社の社長で、会社を解散後もコンピューター関係、ゲームをつくったりしたいという目標を持って、勉強や人脈を広げたりしていました」

検察官「Jさんの無念さも察することができますか」

証人「夢に向かっていろいろやっていたので無念だった思います」

検察官「被告に対する処罰については?」

証人「そうですね…。起こした罪に対する罰を受けてほしいと思います」

仲の良かったJさんを加藤被告に殺害された証人だが、感情をあらわにはせず、努めて冷静に答えた。検察官の尋問は終了し、弁護人の尋問に移った。

弁護人「数点だけ質問します。犯人が向かってくる速度は分かりますか」

証人「そこまでは覚えていません」

弁護人「犯人の表情は?」

証人「表情までは分かりません」

弁護人「犯人が振り回したナイフは警察官に当たりましたか」

証人「当たった雰囲気ではなかったです」

弁護人「終わります」

証人が加藤被告と対峙していた状況などについて質問した後、この日の尋問は終了した。裁判長が閉廷を告げると、加藤被告は目をつぶって静かに傍聴席に一礼し、退廷していった。

次回公判は6月1日午前10時から。引き続き証人尋問が行われる予定だ。

⇒第11回公判