×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(4)「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言

約2時間の休廷が終わり、午後1時半、加藤智大(ともひろ)被告(27)が向かって左手の扉から入廷してきた。傍聴席に一礼し、弁護人の前の長いすに腰を下ろす被告を見届けると、村山浩昭裁判長が開廷を告げた。

裁判長「それでは午後の審理を始めます」

検察官が家族3人で秋葉原を訪れ、刃物で背中を刺された男性の供述調書を読み上げた。

加藤被告は、ノートを取らず、じっと下を見つめている。

裁判長「この証人について遮蔽(しゃへい)措置の決定がされています」

傍聴人から見えないように遮蔽用の衝立が設置されると、向かって右手から証人の男性が入ってきた。検察官が尋問を始める。

検察官「あなたは平成20年6月8日、秋葉原で刃物で刺される被害に遭っていますよね」

証人「はい」

証人は、研修のために都内のウイークリーマンションを借りており、6月8日は、訪れた妻と娘とともに秋葉原に遊びに来ていたという。

検察官「午後0時半には、歩行者天国になっていた中央通りに出ましたね」

証人「はい」

検察官「車道上を北に向かって歩いていたということでよろしいですか」

証人「はい」

検察官「歩いていたとき、どうでしたか」

証人「信号が青だったのを覚えています」

検察官「反対側はどうでしたか」

証人「車が止まっていると思って見たら、トラックが速度を落とさずに突っ込んできました」

検察官「どんなトラックですか」

証人「白いトラックだったと思います」

検察官「トラックはどんな方向に向かっていきましたか」

証人「左(西)から右(東)に突っ込んでいきました」

証人は現場見取り図を見ながら答える。

検察官「近づいてきましたか」

証人「私たちは北に向かっていたので、トラックは横切る形で通っていました」

加藤被告は、ノートを取り始めた。

検察官「エンジン音は聞こえましたか」

証人「聞こえました。ひときわ高く、アクセルを踏み込むような音でした」

検察官「トラックは交差点に入ってきましたか」

証人「はい。トラックは、たくさんの人をはね飛ばして、右の方に走り去りました」

検察官「どんな音がしましたか」

証人「すさまじい音でした。ドーンという音がけたたましく、繰り返されました」

検察官「はねるところは見ましたか」

証人「見ました」

検察官「何人見ましたか」

証人「2、3人です。宙に舞っているような気がしました」

検察官は、現場見取り図を証人に示し、赤ペンで位置を示してもらいながら、具体的な質問をしていく。

検察官「交差点に突っ込んだトラックは、どの程度の速度が出ていたと思いますか」

証人「50キロ以上だと思います」

検察官「交差点の中はどうでしたか」

証人「荷物や人が倒れて騒然とした様子でした」

検察官「人は何人倒れていましたか」

証人「3人ぐらいです」

検察官「ハッキリとは覚えていませんか」

証人「はい」

検察官「特に記憶に残っている人は?」

証人「制服を着ている人が、倒れている人に駆け寄って介抱していました」

検察官「何の制服だと思いましたか」

証人「警察官だと」

検察官「その警察官に変わったことは起きましたか」

証人「ぱっと倒れました」

検察官「何が起きたと思いましたか」

証人「その時はわからなかったけれど、刺されたのか撃たれたのか。そんなことを考えました」

検察官「供述調書では、(警察官が)拳銃(けんじゅう)を奪われたと思ったと書いていますね?」

証人「はい。後の行動に影響しています。拳銃を奪われたのではないかと思っていました」

交差点には「逃げろ」という声が響き、大勢の人が一斉に駆け出し、混乱したという。

検察官「何が起きたか分かりましたか」

証人「分かりませんでした」

検察官「どうしましたか」

証人「家族に向かって『逃げろ!』と叫びました」

検察官「なぜですか」

証人「拳銃を取ったのではないかと考えたからです」

警察官が拳銃を奪われたと考えた男性は、身を低くし、下を向きながら逃げたという。

検察官「周りに倒れている人は?」

証人「倒れている人がいたり、脱げた靴があったり、なかなか前に進めませんでした」

検察官「逃げている中で何か変わったことは」

証人「右の背中に何か当たったと思いました」

検察官「どんな感触でしたか」

証人「体の中に何かが入るという感触です」

検察官「その感触があったときに痛みは?」

証人「感じませんでした」

検察官「感触があってからどんな行動を?」

証人「手を当てて血が出ているのを確認しました」

検察官「どうして血が出ているのがわかりましたか」

証人「手を当てたら、血が出ていました」

刺された生々しい瞬間を淡々と振り返る証人。加藤被告は、うつむきながら前のテーブルに置かれたノートに何かを書き付けていた。

⇒(5)背中の血が止まらず、死を覚悟…「仕事や家族、全てのこと考えた」