×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(5)「『こんな娘いらない』と父は泣きながら言った」(一問一答)

午後3時50分に法廷再開。ここから検察官による勇貴被告への質問が行われた。

検察官「犯行直前、あなたと妹さんは仲良しだったのか?」

勇貴被告「あまり口をきかなかったので、どちらかというのは難しい。悪いとは思わなかった」

検察官「妹さんが中学2、3年のころから、両親に横柄な態度を取った事実はありましたか?」

勇貴被告「そうですね。あります」

検察官「妹の態度が悪いので、あなたは2度手を出した?」

勇貴被告「はい、あります」

検察官「高校1、2年のころ、顔を殴ったことがあるか?」

勇貴被告「お恥ずかしながら、あります」

検察官「妹さんが父親を口論で泣かしたことがあったか?」

勇貴被告「はい」

検察官「涙ながらに父親が言ったセリフを覚えているか?」

勇貴被告「『こんな娘、いらない』」

検察官「妹が家出をした原因は何か?」

勇貴被告「当時、原因について考えていなかった」

検察官「妹が家族とうまくいっていなかったから、とは思わなかったのか?」

勇貴被告「そのようには思っていなかった」

検察官「家出中に『亜澄がいないと、今までにないくらい平和だ』と言ったことがあるか?」

勇貴被告「似たようなセリフを言いました」

検察官「心配しているセリフではないのではないか?」

勇貴被告「事実でしたから。それで妹が帰ってこなければ良いと思っていたのではなく、事実として、けんかが起きないので」

検察官「インターネットで妹さんの大学を探してやって、感謝の言葉はあったか?」

勇貴被告「聞いていません」

検察官「家出から帰って、父母が妹さんに媚びている状況はありましたか?」

勇貴被告「はい。そうですね。ケーキを買って来るというようなことが」

検察官「ことあるごとに、父親に『家出するよ』と脅迫するようなことはあったか?」

勇貴被告「あったと思う」

検察官「不仲になることはあったのか?」

勇貴被告「あったと思う」

検察官「『バカじゃないの』などの捨てぜりふは、仲の良い兄妹の関係なら言われて不快にならないのか」

勇貴被告「そういう子でしたから。そうですね。普通でした」

検察官「不快ではなかったのか?」

勇貴被告「どちらかといえば…。難しいですね」

検察官「喜んでいたのか」

勇貴被告「それはありません。不快に思ったこともある」

検察官「精神診断で、『妹は疫病神』と言ったことを覚えているか?」

勇貴被告「覚えていない」

検察官「妹に好感情を持っているとは思えないが、仲は良かったのか?」

勇貴被告「そうですね、悪くはなかった」

検察官「3浪になることで、『もう1度やらせてくれ』と頼んだことはあるか」

勇貴被告「あります」

検察官「もう1回限りとは?」

勇貴被告「強く言われていない」

検察官「あなたの認識は?」

勇貴被告「どうだったでしょう、考えていなかった」

⇒(6)「切断遺体を洗った」