×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(5)本当に接触障害? 触りたくなかったのは「服を着せるの面倒だから」

引き続き、弁護人は彩香ちゃんとの関係について質問していった。今度は育児の困難さについて聞きたいようだ。

弁護人「彩香ちゃんが生まれてから育児に困ったことは?」

鈴香被告「なんで泣いているか分かりませんでした。ウンチやミルクを替えても…。夜はきちんと寝てくれるのに、昼泣くのがどうしてだか分からなくて…。それで悩みました」

弁護人「そういうときはどうしましたか?」

鈴香被告「どうしたらいいか分からず、切石の実家に連れて行ったりしました」

弁護人「お母さんに(対処方法を)聞きに行ったのですか」

鈴香被告「それもあるけど、母に面倒を見てもらおうと思って」

弁護人「お母さんからアドバイスは?」

鈴香被告「特にないです」

さらに、鈴香被告が悩んでいたという彩香ちゃんとの「接触障害」について説明を求める弁護人。

弁護人「あなたは、彩香ちゃんに触るのが苦手ということでしたが、それはいつごろからですか?」

鈴香被告「気付いたのは3歳ぐらいだったと思います」

弁護人「(触ることの)何が苦手なんですか?」

鈴香被告「汗とにおいに気付いてからダメになりました」

弁護人「あなたは汗をかいたことは?」

鈴香被告「ほとんどありません」

弁護人「周囲に汗をかく人は?」

鈴香被告「元夫とか、交際相手とか…」

弁護人「(汗をかく人は)彩香ちゃんが小さいころは、元夫がいましたよね?」

鈴香被告「はい」

弁護人「苦手といいますが、具体的には、どう苦手なのですか」

鈴香被告「ヌルヌルしたりとか、汗を拭いた後、別の服を着せたりとか面倒だったこともあるし…1人でそれをするのが、とても大変でした」

弁護人「(気付いたのは)3歳ぐらいというが、おむつを替えるのは大丈夫だったのですか」

鈴香被告「夢中だったので、そういうことは感じないで、おむつを替えたり、お風呂に入れたりしていました」

弁護人「なんで泣いているのか分からないにしても、それなりに育児をしていたのですね」

鈴香被告「私なりにしていました」

ここで弁護側は質問を打ち切り、第2回公判で続きを行うことに。ここまでの鈴香被告は1審の被告人質問同様、弁護側の質問には淡々と感情を乱すことなく答えていた。次回公判は10月16日午前10時から行われる。

⇒控訴審 第2回公判