×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第9回公判(2012.1.24)

 

(3)木嶋被告と知り合った男性 ホテルで次々に意識喪失

木嶋被告

 首都圏の連続殺人事件で練炭自殺に見せかけ男性3人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)に対する裁判員裁判の第9回公判(大熊一之裁判長)は、東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん=当時(53)=の殺害事件についての審理が続けれている。

 起訴状によると、木嶋被告は21年1月、東京都青梅市のマンション室内で、こんろ6つに入れた練炭を燃やし、交際相手の寺田さんを殺害したとされる。

 検察官が証言台の横に立ち、書面を見ながら裁判員らにさらに詳細な立証趣旨の説明を始めた。

検察官「今後、7日間をかけて、この事件の審理を進めます。木嶋被告と寺田さんの交際経過と木嶋被告の金の入手について、これから申し上げます」

 東京都千代田区、会社員、大出嘉之さん=当時(41)=殺害事件の審理の際は、大出さんとそれ以外の男性との関係について、別の書面にまとめて説明した。だが、この日は寺田さんとそれ以外の男性との関係について、1枚にまとめたことを検察官が説明。

検察官「証拠が少なくなったわけではなく、裁判員の方々が事実、証拠の見方に慣れてきたことと思って1枚にまとめました」

 この後、寺田さんの経歴を読み上げる。続いて、検察側は、木嶋被告が寺田さんのほかに、5人の男性と交際していたことを明らかにした上で、木嶋被告が嘘の結婚話などで寺田さんらから次々と金をだまし取っていったことを説明していく。

 木嶋被告は高校卒業と同時に上京し、さまざまな職についた後、平成14年に千葉のリサイクル会社に就職した。

 そこで、掃除や買い物などもこなすうちに経営者に気に入られ、生活費の面倒もみてもらうようになったという。

 カードでの買い物やエステ通い、タクシーを使うなど生活が派手になったという。ただ、19年に経営者が死亡。支援者を失ったことで、「結婚相手を見つけよう」と婚活サイトを利用したとする。

 検察官は、支援者をパトロンと呼んでいる。

検察官「被告は平成15年から恋人の××さん(法廷では実名)と交際を開始。その前の14年から19年にかけて、パトロンだった70歳の男性から5年間に計7380万円をもらっていた。だが、パトロン男性が19年8月に死亡したことから、生活が困窮。20年5月に結婚紹介サイトに登録した」

 検察側はここで、木嶋被告がサイトのプロフィルに嘘の経歴を掲載していたことを説明。その上で、サイトを通じて知り合った寺田さんと20年6月から交際を開始し、直後から100万円単位で金を次々とだまし取っていたことを明らかにしていく。

 また、これと並行して木嶋被告が他の男性ともデートを重ね、同じく金をだまし取っていたことを日付を追って詳細に説明する。

検察官「詐欺被害者の男性は20年12月27日に木嶋被告とホテルに宿泊した際、意識喪失となった。2日後の29日に木嶋被告とデートした別の詐欺被害者の男性もホテルで意識喪失し、1人の男性は翌21年1月にデートした際に再び意識喪失し、木嶋被告に現金5万円を盗まれた」

 検察側は詐欺被害男性らが木嶋被告とデートするたびに睡眠薬を盛られたとする状況を説明。その延長線上に、寺田さん殺害事件が起きたことを裁判員に印象付けていく。

検察官「木嶋被告は21年1月11日に寺田さんからカルティエのブレスレットをもらった。これは23日付の木嶋被告のブログに『大きな愛の詰まった贈り物』と掲載されており、送り主は寺田さんである」

「詐欺被害者2人は生存しているため、今後、証人として証言してもらう。だが、寺田さんについては殺害されており、結婚詐欺被害を証言できないことから、家族の証言や寺田さんの自宅から見つかった各種レシート、パスモの乗車記録、木嶋被告のブログ記録などから証明していく」

 この後、寺田さんを殺害した後、木嶋被告が証拠隠滅のために寺田さんのパソコンを処分し、寺田さんとのメールが一切残っていないことを明らかにした。

検察官「(メールが残ってい)ないものはない。このため、これらをパズルのように組み合わせて証明していく。根気よくご覧いただきたい」

 検察側はこの後、寺田さんとの出会いから結婚の結婚の約束までの経緯を時系列で丁寧に説明していく。木嶋被告とのデートは、木嶋被告のブログの内容と寺田さん方から見つかったレシートとの日付やスイカの乗車記録などから事実を裏付けていく。

⇒(4)ピアノ講師、大学院生…変わる木嶋被告の職業