×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(1)牧師ら出廷 歌織被告、教会でDVを相談

12月20日の初公判以降、5回目となる30日の公判は、被告人質問前に予定されている証人尋問の最終日となる。この日は弁護側証人として、歌織被告が夫婦生活などを相談していた牧師と、歌織被告の友人の計2人が出廷し、午前中に審理を終える予定となっている。

歌織被告は、前にボタンがついたハイネックのピンク色の上着に白いパンツ姿。今回も肩の下まで伸びた髪の毛をまっすぐに下ろしている。午前10時、1人目の証人として、恰幅(かっぷく)のいいスーツ姿の年配の男性が入ってくる。

弁護人「あなたは教会の牧師?」

証人「はい」

弁護人「どういった宗派?」

証人「一般分類ではプロテスタント」

弁護人「活動は?」

証人「礼拝が中心。聖書の解き明かしを主にしている」

弁護人「どういった人が来る?」

証人「何人(なんぴと)も差別はありません。志がある人なら老若男女」

出廷する証人によってはにらみつけるような仕草(しぐさ)もあったこれまでの歌織被告だが、穏やかな顔でやりとりを見守る。

弁護人「事件前に歌織被告を知っていた?」

証人「教会に来ていた」

弁護人「最初に来たのは?」

証人「記憶では平成17年7月の終わりごろ。日曜の礼拝に来た」

弁護人「飛び込みで?」

証人「その言葉がふさわしいか分からないが、初めての人は色々な事情で来る。珍しいことではない」

弁護人「歌織被告は1人だった?」

証人「(殺害された歌織被告の夫の)祐輔さんと一緒だった」

弁護人「何か話をした?」

証人「時間より早く来たので、歓迎の意を表明し、2、3言会話した。疑問があったら尋ねてほしいという趣旨」

弁護人「その後は?」

証人「半年間にわたり、毎週ではないが来た」

弁護人「祐輔さんも?」

証人「一緒だった」

弁護人「2回目に来たのは?」

証人「8月半ば。祐輔さんも一緒だった」

弁護人「歌織被告から何か頼まれた?」

証人「洗礼志願があった」

弁護人「洗礼にはどういう意味合いがある?」

証人「色々あるが、私は一般に3つの要素があると話している」

『申し上げますか?』と確認後、証人は『結婚、葬式、誕生』という洗礼の3つの要素を簡潔に述べた。

弁護人「洗礼を頼まれてどう対応した?」

証人「教会に来て間もない人は洗礼の意味を深く知らない人が多い。『改めていらっしゃい』と言った」

弁護人「祐輔さんも洗礼を希望していた?」

証人「否定も肯定もせず、口元をゆるめた程度の反応だった」

歌織被告はハンカチを口に当てる。動揺しているようだ。

弁護人「その後、歌織被告から連絡があった?」

証人「しばらく経ち、電話で『会いたい、話を聞いてほしい』と言うので会った」

弁護人「いつ?」

証人「事件の1年前」

弁護人「17年12月12日?」

証人「はい」

弁護人「日曜か?」

証人「月曜だった。教会別室で会った」

弁護人「どんな話だった?」

証人「詳細は記憶がないが、結婚の継続か別れるかという問題で迷っていた」

弁護人「祐輔さんのことを言っていた?」

証人「家庭内暴力のことは聞いた」

弁護人「家庭内暴力に詳しい?」

証人「メンバーからも多少、家庭内暴力のことを見聞きすることがある。普通の人よりよく知っていると思う」

弁護人「どういう人がやる?」

証人「愛し方、愛され方がよく分からない人に起こると思う。まじめで社会的にも信用され、後で謝って『2度とやらない』と誓うが、繰り返すタイプは珍しくない」

なぜか、牧師が『家庭内暴力の権威』であるかのように見解を求める弁護側。河本雅也裁判長は、『(証言ではなく)証人の意見に近い。重要なことを聞かないと』としびれを切らせて修正する。

弁護人「暴力の詳しい内容を聞いた?」

証人「具体的に聞いていない」

弁護人「歌織被告はどういう様子だった?」

証人「絶えずうつむき加減で、深刻に悩んでいる様子だった」

⇒(2)「違う一面伝えたい」にすすり泣き