×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第32回公判(2012.3.5) 【被告人質問】

 

木嶋被告 死亡男性に「キャンプ用に練炭渡す」

木嶋被告

 首都圏の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)は5日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)の裁判員裁判第32回公判の検察側被告人質問で、都内の会社員大出嘉之さん=当時(41)=から「キャンプでもしようと思っている」と言われ、殺害したとされる2009年8月5日に練炭やこんろを渡したと述べた。

 大出さんの遺体は翌6日に埼玉県内の駐車場に止めたレンタカー内で見つかった。検察側は、木嶋被告が睡眠薬で眠らせた上で駐車場に連れて行き、練炭を使って殺害したと主張。弁護側は別れ話が原因の自殺と反論している。

 木嶋被告が8月3日に「結婚を考え直したい」と大出さんに伝えたとする弁護側主張に対し、検察側は同じ日に「今月は2人にとって転機の月になる」と結婚に前向きなメールを送っていたと指摘。被告は「考え直したいと話したので転機という言葉を使った」と弁明した。

 5日に木嶋被告の自宅で会った際、大出さんが睡眠薬を服用するのを見たかと聞かれると「記憶が定かではない」と答えた。警察の任意の事情聴取では「飲んでいた」と話したことを問われると「突然、聴取され(見た)時期を混乱していたと思う」と述べた。

 前回公判では木嶋被告が高熱を出し、午後からの公判が中止されたが、体調が回復したため5日午前から審理を再開した。

⇒「セックス到達点、共有できない」