×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第25回公判(2012.2.21) 【被告人質問】

 

練炭購入「料理のため」

木嶋被告

 首都圏連続不審死事件で、殺人や詐欺などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)に対する弁護側の被告人質問は、21日午後もさいたま地裁(大熊一之裁判長)で続いた。木嶋被告は練炭を注文した理由について「料理に使うためです」と述べた。

 木嶋被告は、練炭こんろを使って豆を煮たりミートソースを作っていたとし、ブログに掲載した料理名を列挙。ガスこんろを使わなかった理由について、「練炭は低温で長時間煮るのに適していた」と述べた。

 同被告は2009年1月5日に初めて練炭こんろを購入したと説明。その際、一度に3個を注文した理由を「煮豆を同時に煮て、どのような結果になるのか試してみたいと思った」とした。

 また同月24日、さらに3個購入したことに関しては「安いものなので、使い切る感覚で注文していた。6個同時にあったことはなく、廃品回収業者に渡していた」と説明した。

⇒「絵画もらった」 木嶋被告、無断持ち出し否定