×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

(2)「娘に『離婚サンプル』送った」

弁護側の質問に、当初ははきはき答えていた歌織被告の父親。だが、徐々に涙混じりになり、声も小さくなっていく。被告の方は父親を見ようとはしない。

弁護人「平成17年12月24日、都内のホテルで歌織被告と会った?」

証人「はい」

弁護人「父と母、歌織被告と祐輔さんの4人か?」

証人「はい」

弁護人「歌織被告は祐輔さんとの結婚をどう話していた?」

証人「『とにかく別れたい』と」

弁護人「祐輔さんの前で父、母にそう話したのか?」

証人「はい」

弁護人「なぜ別れたいと?」

証人「とにかく暴力がひどすぎるということだった」

弁護人「祐輔さんは何と?」

証人「『申し訳ありません。今後気をつけます。でも歌織とは別れたくない』と」

弁護人「離婚には応じてもらった?」

証人「応じてもらえなかった」

検察側はこれまで、歌織被告が『良い条件で離婚をしようと考えていた』と主張している。対する弁護側は『被告はすぐにでも離婚したがっていたが、祐輔さんが認めてくれなかった』と反論。父親から、その主張に沿った証言を導き出したいようだ。

弁護人「そこであなたは何かを作った?」

証人「はい。『離婚サンプル』を作った」

弁護人「『離婚サンプル』とは?」

証人「新潟地裁からもらった離婚の申立書などのこと」

弁護人「どんな内容を書いた?」

証人「暴力がひどいとか、小さいこと、いろんなことがあったと書いた。そのほかに手紙を添えて(歌織被告にアドバイスとして)送った」

弁護人「暴力とは過去にそうだったということか?」

証人「過去も現在も」

弁護人「続いているということ?」

証人「はい」

弁護人「それを歌織被告に送った?」

証人「はい」

弁護人「いつごろ?」

証人「(平成18年)4月ごろ」

弁護人「送ったものはどうなった?」

証人「本人(歌織被告)のところには届かなかったようだ。(書類を)切られて、『どうしてこんなものを?』と暴力を受けたそうだ」

ここで弁護側は証人に1枚の紙を見せる。何かをコピーしたようで、全体が灰色になっている。

弁護人「これはその『離婚サンプル』か?」

証人「はい」

弁護人「切られたのになぜ残っているのか?」

証人「これは私の手元にあった原稿だ」

弁護人「歌織被告にはコピーして送った?」

証人「そうだ」

弁護人「平成18年11月、母親が上京したとき、歌織被告から何か預かったか?」

証人「公正証書や写真」

弁護人「写真を見た?」

証人「見た。これが女性のものとは見えないような青あざ…考えもつかなかった」

弁護人「平成18年12月に歌織被告から母親に電話があったか?」

証人「はい」

弁護人「直接話したか?」

証人「いいえ」

弁護人「話の内容は母親から聞いた?」

証人「はい」

弁護人「どんな内容だった?」

証人「正式に離婚できるということだった」

弁護人「祐輔さんについてどのような話が?」

証人「今度新しく結婚する人との会話とか何とかを持っていると…」

証言台に立った父親は、当時のことを思い出したのか、大きく鼻をすすった。

弁護人「平成18年12月13日、あなたは1人で上京し、歌織被告と会ったか?」

証人「はい」

弁護人「あなた1人で上京すると事前に歌織被告に伝えていたか?」

証人「いいえ。伝えたら会ってもらえないと」

弁護人「待ち合わせ場所や時間は?」

証人「女房が伝えた」

弁護人「歌織被告はどんな様子だったか?」

証人「ものすごい顔色が悪く、真っ白だった。口数も少なかった」

この前日、歌織被告は祐輔さんを殺害していた。しかし、この時点で父親は、そのことを知る由もない。

弁護人「録音した証拠について話した?」

証人「はい。『持っているなら渡しなさい』と」

弁護人「歌織被告は渡してくれたか?」

証人「いいえ。パソコン上に入っているから無理だと」

弁護人「あなたは何と言った?」

証人「きちんとした形で慰謝料をもらって、早く離婚しなさいと」

弁護人「離婚は祐輔さんから言い出させなさい、ということか?」

証人「はい。その方がスムーズに行くと思った。今まで(祐輔さんは)『離婚しない』『しない』と言っていたから」

弁護人「離婚の責任についてはどう考えていた?」

弁護側の質問の意味がわからなかったのか、歌織被告の父は『すみません』と聞き返し、弁護側は再度質問した。

証人「責任を取ってもらいなさいと」

弁護人「慰謝料についてか?」

証人「もちろんそれを含めてだ」

弁護人「2人でどこに行ったのか?」

証人「不動産屋だ。(新宿の)ホテルで会って、タクシーで青山へ」

弁護人「新宿から青山へ? 誰かが知っている不動産屋だったのか?」

証人「はい。娘だったと思う」

弁護人「歌織被告の引っ越し先を探した?」

証人「そうだ」

弁護人「物件は見つかったか?」

証人「1件あった」

弁護人「契約したのか?」

証人「したが、娘も私も無職ということでできなかった」

弁護人「この日のうちにあなたは新潟に帰った?」

証人「はい」

弁護人「別れるとき何かしたか?」

証人「雨が降っていたもので、『帰りはタクシーで帰りなさい』と2万円渡した」

弁護人「翌14日朝、歌織被告から母親に電話があったか?」

証人「はい」

弁護人「どんな用件か?」

証人「すぐ3万円送ってくれと」

弁護人「どういったことに使うと?」

証人「私が電話を代わったときだと思うが、『祐輔さんが生活費を持っていなくなった』というので、『え、またか』という感じだった。祐輔さんの実家に女房が電話をかけた」

弁護人「前日に2万円を渡しているのにどうして必要だと?」

弁護側の質問に対して、河本雅也裁判長が『質問が重複しているから混乱しているのでは?』と声をかけた。

弁護人「祐輔さんが10万円の生活費を持って出て行ったと歌織被告は言っていたのか?」

証人「はい」

自身に関する質問が続いているのに、歌織被告はわれ関せずといった様子で、左手で髪の毛に手をやったままうつむいている。証言台の父は時折、せき込んだり鼻をすすったりしているが、被告は父親の様子には興味がないようだ。

⇒(3)「娘と話したくない」とケータイ壊した父