×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第33回公判(2012.3.6) 【被告人質問】

 

木嶋被告、仰天供述「性の奥義極めたかった」

木嶋被告

 「性の奥義を極めてみたい」―。練炭自殺に見せかけ交際男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判第33回公判が6日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で行われた。検察側、弁護側双方の被告人質問が行われた後、午後からは裁判員が直接、木嶋被告に質問。またも仰天供述を繰り返した。

 事件当時の状況などについて聞かれると、沈黙が目立った木嶋被告。だが、男性裁判員の1人が独自の男性観について尋ねると、言いよどむことなく証言した。

 男性との性交渉の対価として、金銭的援助を受けるようになったきっかけについては「19歳で愛人契約を結んだこと」と説明。「私は一般の女性とは違うと思う」といったん話した後、自ら「これはセックスのことです」と付け加え、まくしたてた。

 これには男性裁判員もやや驚いた表情を見せた。

 交際していた男性は「ハイクラスの方」で、「私のセックスで癒やしと活力を男性に与えることができると思った」と自画自賛。

 「セックスでお金をもらうことが正当な報酬と理解していた」

 「いろいろな性の研究をして、性の奥義を極めてみたいと思うようになった」とも話した。

 木嶋被告は裁判員に対しても「ですます調」で丁寧に受け答えしていた。

⇒第34回公判