×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第2回公判(2012.1.11)

 

被告母「名前も聞いてない」=死亡男性知らず

木嶋被告

 埼玉、東京、千葉で2009年、男性3人が相次いで死亡した連続不審死事件で、殺人などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判の第2回公判が11日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)であった。

 埼玉県富士見市で遺体で見つかった会社員大出嘉之さん=当時(41)=について、検察側は「名前を聞いたこともなかった」とする木嶋被告の母親の供述調書を読み上げた。

 調書によると、母親は木嶋被告が05年ごろから逮捕される09年まで、他の男性と交際していると思っていた。調書で母親は「(交際相手は)他にもいると聞いたことはないし、被告以外の3人の子どもからも大出さんの名前を聞いたことはない」と供述している。

⇒「結婚前提、聞いたことない」 検察側、妹の供述調書朗読