×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第10回公判(2012.1.25)

 

「木嶋被告とホテル行き、2度意識失った」

木嶋被告

 男性3人に対する殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判は25日、さいたま地裁で第10回公判が開かれた。

 木嶋被告と交際し詐欺被害に遭ったとされる男性2人のうち長野県の男性(53)が検察側証人として出廷。木嶋被告とホテルに行き2度意識を失い、睡眠薬の使用を疑ったと証言した。

 木嶋被告は2009年1月に殺害されたとされる東京都の寺田隆夫さん(当時53歳)と交際する一方、08年8月に結婚サイトで知り合った男性から大学院の学費名目などで130万円を詐取したとして詐欺罪で起訴された。

 検察側の尋問で、男性は08年12月に木嶋被告と行った東京・池袋のホテルで、木嶋被告がいれたハーブティーとカフェオレを飲み「寝てしまった。起きたら1万円札が1枚減っている気がした。(木嶋被告は)いなかった」と証言した。

⇒第11回公判