×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

加藤被告の記憶喪失は「自然」 鑑定医証言

 東京・秋葉原で17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第21回公判が14日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、捜査段階で検察側の依頼を受けて精神鑑定した医師が出廷した。鑑定医は加藤被告が「事件前後の記憶が一部途切れている」と述べたことについて「数分間の無我夢中の犯行で自然なこと。精神障害には当たらない」と証言した。

 鑑定医は「事件当時、被告に精神疾患はなかった」とする鑑定結果をまとめていた。

 この日の尋問で検察側が「被告が説明する動機と実際の行動に飛躍があるのでは」と質問したのに対し、「ネット掲示板で受けた嫌がらせは彼にとって大きい。人命を奪う重大さを理解しているからこそ事件を起こし、嫌がらせした人にアピールしたいと考えた。彼の中で飛躍は少ない」と述べた。

 予定されていた計41人の証人尋問はこの日で終了。地裁は10月5日の次回公判で、弁護側が請求している再度の精神鑑定実施の採否を決める。

⇒第22回公判