×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Free Space

弁護側控訴

リンゼイさん殺害、市橋被告の弁護側が控訴

 千葉県市川市で2007年、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、1審・千葉地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた市橋達也被告(32)の弁護人が2日、東京高裁に控訴した。

 1審ではリンゼイさんに対する殺意の有無が最大の争点になり、弁護側は殺意がなかったとして傷害致死罪が相当と主張したが、7月21日の判決は「明確な殺意があった」と殺人罪を認定し、求刑通り無期懲役を言い渡した。判決後、市橋被告の弁護人は記者会見で量刑と事実認定に不満を示し、「この判決が確定することに反対」と述べていた。